漫画に恋する

漫画とつくものならば来るもの拒まず何でも行きます。※ネタばれが嫌な方はスルーしてください
Posted by こっこ   0 comments   0 trackback

2018年1月に読んだ漫画

1月の読書メーター
読んだ本の数:61
読んだページ数:9931
ナイス数:226

宇宙兄弟(32) (モーニングKC) (モーニング KC)宇宙兄弟(32) (モーニングKC) (モーニング KC)感想
せりかさん宇宙飛行終了。ムッタたちはシャロン天文台を無事完成まで持っていけるのかという所だけどアンディの頑張りもあって着実に進行中。帰還と天文台完成の同時進行という英断は吉と出て欲しい。
読了日:01月31日 著者:小山 宙哉
BUNGO─ブンゴ─ 11 (ヤングジャンプコミックス)BUNGO─ブンゴ─ 11 (ヤングジャンプコミックス)感想
作者、オードリーのファンだったのかww巻を増すごとにギャグ色が強くなってきたなと思ったのはそういう効果かな。
尾野に夢中な間瀬&瑛太。完璧すぎるよねw米村も目立たないキャラを通していくのかと思ったけど、意外とやるね。
読了日:01月31日 著者:二宮 裕次
アオアシ 11 (ビッグコミックス)アオアシ 11 (ビッグコミックス)感想
金田は好きになれないけど、まだまだ成長できそう。
DFの面白みも葦人分かりかけてきたかな。
ようやくAチームに昇格。今後も楽しみ。

読了日:01月31日 著者:小林 有吾,上野 直彦
終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)感想
ツンデレちゃん登場。可愛い。
ミカと優が次巻遭遇しそうだね。
読了日:01月30日 著者:山本 ヤマト
嘘喰い 41 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 41 (ヤングジャンプコミックス)感想
思考することで失われるエア。貘さんが
得意の心理戦に持ち込んだ。
それにしても誰が役を決めているのかなと思っていたら、
なるほど。もう一つの闘いがあった。
読了日:01月30日 著者:迫 稔雄
双亡亭壊すべし 4 (少年サンデーコミックス)双亡亭壊すべし 4 (少年サンデーコミックス)感想
地球外生物である海は凡てを飲み込み見ていた。説明的な内容が続くので、ここで脱落組が増えそうだ。宇宙にまで意識が飛んで、双亡亭…ヤバすぎる。
読了日:01月29日 著者:藤田 和日郎
BIRDMEN 5 (少年サンデーコミックス)BIRDMEN 5 (少年サンデーコミックス)感想
烏丸が目覚めて、つばめのコイバナが炸裂し、烏丸も恋自覚?そして、どうやら怜くんも何らかの能力が発動?
読了日:01月29日 著者:田辺 イエロウ
奈落の羊(6) (アクションコミックス)奈落の羊(6) (アクションコミックス)感想
完結。メイちゃんは「この段階」では一応救われたのかもしれないけど、まだまだ彼女が生きていくには厳しいこともあるだろうと思う。過去は捨てきれないし。でも、何とか生きている。今はそれだけでいい。
読了日:01月29日 著者:きづき あきら,サトウ ナンキ
弟の夫(2) (アクションコミックス(月刊アクション))弟の夫(2) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
奥さん生きていたのかwそれにしてもゴツイ女性だな。カミングアウトの本来の意味もこの作品で知ったし、悩んでいた中学生男子の気持ちが切なかった。
読了日:01月28日 著者:田亀 源五郎
あなたのことはそれほど 6 (フィールコミックス)あなたのことはそれほど 6 (フィールコミックス)感想
一番得したのは有島君だったと思う。不倫しても結局彼は何も失わなかった。麗華は彼から「愛している」という言葉を引き出したし、この夫婦はバランスが取れていたのかもしれない。美津は自爆。でも傷つけたことを忘れず生きていくと前を向いたのは良かったんじゃないかな。涼ちゃんには最後出会い(?)があって救われた。
読了日:01月28日 著者:いくえみ綾
宝石の国(8) (アフタヌーンKC)宝石の国(8) (アフタヌーンKC)感想
月世界が明らかに。まだ秘密は隠していそうだけど、
皆を救う為、先生を「動かす」方向へ。上手く行くのか分からないけど、大きく物語が動いて今までで一番面白い巻だった。
読了日:01月28日 著者:市川 春子
賭ケグルイ(8) (ガンガンコミックスJOKER)賭ケグルイ(8) (ガンガンコミックスJOKER)感想
血清を賭けている時点でフェアじゃないと思っていたけど、流石早乙女。無事倒してくれた。そして、生徒会長に狙いを定めることに。彼女イイね!
読了日:01月27日 著者:河本ほむら,尚村透
ギフト±(6) (ニチブンコミックス)ギフト±(6) (ニチブンコミックス)感想
事件の深層部にようやく触れてきた今巻。真琴についてはまだ謎もあるだろうし、環の変化も気になる所。
読了日:01月27日 著者:ナガテ ユカ
学生 島耕作 就活編(1) (イブニングKC)学生 島耕作 就活編(1) (イブニングKC)感想
樫村がイイ奴過ぎて泣けてきた。彼の愛に答えることは出来ないわけだけど、二人の絆を強く感じた。陶子とはいつも通りあっさり別れた。島耕作らしい。
読了日:01月27日 著者:弘兼 憲史
ランド(2) (モーニング KC)ランド(2) (モーニング KC)感想
村人たちが誰か・何かのせいにしたいのは
自分の安全を守る為。善悪はどうでもいいのだろう。
フキとの別れの瞬間も「泣く」という手段を取れないアンが哀れ。でも怒りは人を強くする。
読了日:01月26日 著者:山下 和美
土竜(モグラ)の唄 26 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 26 (ヤングサンデーコミックス)感想
署長がヤクザとズブズブ。ペニスダック…嫌だわ~。
読了日:01月26日 著者:高橋 のぼる
土竜(モグラ)の唄 25 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 25 (ヤングサンデーコミックス)感想
日浦組本格始動。玲二はボディーガードに。メロンおっぱいにチン結び。いかれてるな、皆。
読了日:01月26日 著者:高橋 のぼる
マリーマリーマリー 6 (マーガレットコミックス)マリーマリーマリー 6 (マーガレットコミックス)感想
大豆CMの流れから、まさかの三つ子妊娠発覚。きりえ&二郎も結婚して、みんなハッピーなマリーマリーマリー♪
読了日:01月25日 著者:勝田 文
マリーマリーマリー 5 (マーガレットコミックス)マリーマリーマリー 5 (マーガレットコミックス)感想
北海道旅行楽しそうだったけど、ミニが盗まれて可哀そうになった(帰ってきたけど)お金をあげた友人は結局どんな事情があったんだろうか?話位聞いてあげれば良かった気もするけど、もうそんな「関係」ではなくなっていたのかな。ほろ苦い。
読了日:01月25日 著者:勝田 文
賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(15) (ヤンマガKCスペシャル)賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(15) (ヤンマガKCスペシャル)感想
じらせ過ぎて、最近ちょっと白けてしまうほどだけど
この巻で勝敗が分かったのは良かった。和也…死?
でも本来の和也は言うほど悪人でもないなというのは同意。
カイジを助けたしね。次巻で完結と行くのだろうか??
読了日:01月25日 著者:福本 伸行
イムリ 3 (BEAM COMIX)イムリ 3 (BEAM COMIX)感想
少年のバックボーンが見え始めてきた所で、ようやく自身の意思を持って動き出す展開になってきそう。それにしても、ミューバとはそんなに似ていない気がするんだけどな。
読了日:01月24日 著者:三宅 乱丈
イムリ 2巻 (BEAM COMIX)イムリ 2巻 (BEAM COMIX)感想
人間のいやらしい部分が丁寧に描かれ、そこが重厚感のあるストーリーに色を加える。この勢力争いが失敗の歴史だろうに愚か。
読了日:01月24日 著者:三宅 乱丈
イムリ 1巻 (BEAM COMIX)イムリ 1巻 (BEAM COMIX)感想
実は結構前に読んでいたのだけど、どう感想をまとめようか迷っていた。陳腐な表現力しかない私には抱えきれない世界観・そして人物造形。理解できない部分は無理に理解しようとせず飛び込んでみた所、これは続きを読むべき作品だと悟った。
読了日:01月24日 著者:三宅 乱丈
転生したらスライムだった件(5) (シリウスKC)転生したらスライムだった件(5) (シリウスKC)感想
これにてめでたしめでたし?とはいかず。さて、本当の敵との闘いは次巻以降かな。
読了日:01月22日 著者:川上 泰樹,みっつばー
転生したらスライムだった件(4) (シリウスKC)転生したらスライムだった件(4) (シリウスKC)感想
リザードマン、すでに影薄い。オーク軍、言うほど強くないな。
読了日:01月22日 著者:川上 泰樹
転生したらスライムだった件(3) (シリウスKC)転生したらスライムだった件(3) (シリウスKC)感想
オーガ族良いキャラばかり。個人的にはカバー下に描かれたクロベエを応援したいw
読了日:01月22日 著者:川上 泰樹
転生したらスライムだった件(2) (シリウスKC)転生したらスライムだった件(2) (シリウスKC)感想
重要人物になりそうと思っていたシズさんがこんな形で…。
リムルの旦那、人型可愛い。
読了日:01月21日 著者:川上 泰樹
土竜(モグラ)の唄 24 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 24 (ヤングサンデーコミックス)感想
パピヨン…いつ死んでもおかしくない状態なのに凄い執念。
鰐淵陥落。
読了日:01月20日 著者:高橋 のぼる
土竜(モグラ)の唄 23 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 23 (ヤングサンデーコミックス)感想
まさかの展開。そう上手くはいかない。
金目はしぶといなあ。竜平ナイス…と思ったけど、
やっぱり情けないキャラwそれが彼の良さだけど。
読了日:01月20日 著者:高橋 のぼる
いつかティファニーで朝食を 12 (BUNCH COMICS)いつかティファニーで朝食を 12 (BUNCH COMICS)感想
さちはこういう子なんだなあ。でも、まだまだ若い。自分だけの人生を生きられる人ってそんなに多くない。抱えることで幸せを見つけることもある。ただ、家族へのいら立ちは理解できるな。
読了日:01月19日 著者:マキ ヒロチ
レディ&オールドマン 4 (ヤングジャンプコミックス)レディ&オールドマン 4 (ヤングジャンプコミックス)感想
何考えているのか分かんない奴らばかりだなあ。
弟はなぜ逃げた?マダムはイイ女かもしれないけど、
好きになれない曲者。
読了日:01月18日 著者:オノ・ナツメ
中間管理録トネガワ(6) (ヤンマガKCスペシャル)中間管理録トネガワ(6) (ヤンマガKCスペシャル)感想
まさやん…クロさん来るよ!!会長のトリセツ、女子そのもので面倒臭いw
読了日:01月18日 著者:福本 伸行,三好 智樹,橋本 智広
フットボールネーション 4 (ビッグコミックス)フットボールネーション 4 (ビッグコミックス)感想
日本人特有の真面目でイイ子たちゆえに良い指導者でないと、才能を開花できない可能性が高いと思うと責任は重い。
指導者・審判も底上げが必須だね。
読了日:01月17日 著者:大武 ユキ
フットボールネーション 3 (ビッグコミックス)フットボールネーション 3 (ビッグコミックス)感想
どのサッカー漫画にもオフサイドの解説って必ず入るよね。
有難い。一ノ瀬が何だか心配になってきた。スカウティング要員も参入。
読了日:01月17日 著者:大武 ユキ
とんかつDJアゲ太郎 11 (ジャンプコミックス)とんかつDJアゲ太郎 11 (ジャンプコミックス)感想
終わってしまった。周りの全てを巻き込んで揚げに揚げまくって、サイコーにカッコよかった。
読了日:01月17日 著者:小山 ゆうじろう
小路花唄(2) (アフタヌーンKC)小路花唄(2) (アフタヌーンKC)感想
梓ちゃんの気持ちも分かるけど、河本母はああ見えてなかなか強敵そうなので、もうパパは椿さんのところには戻らないだろうな。鷹さんがちょっと人間化してて微笑ましい(?)ナオミちゃんは可愛くてズルい。
読了日:01月17日 著者:麻生 みこと
マージナル・オペレーション(9) (アフタヌーンKC)マージナル・オペレーション(9) (アフタヌーンKC)感想
岸本が壊れるまでの経緯は悲しすぎる。
上司にも恵まれなかったし、運もなかった。
子供兵士ハキムも犠牲になり、ソフィも犯され
苦しい局面が続く。
救いはいつものおまけ漫画=パンツ芸。
読了日:01月16日 著者:キムラ ダイスケ
双亡亭壊すべし 3 (少年サンデーコミックス)双亡亭壊すべし 3 (少年サンデーコミックス)感想
双亡亭の絵の中。弱さを攻撃するのは卑怯だけど、
人は乗り越える術が必ずどこかにあると思う。
過去はもう過去。振り返ってばかりじゃ勿体ないね。
読了日:01月16日 著者:藤田 和日郎
弟の夫(1) (アクションコミックス(月刊アクション))弟の夫(1) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
作者自身もゲイなんだね。マイクに対して偏見がないと言ったら嘘になる。興味本位に色々聞くことでどれだけ相手を傷つけるか分かっているようで考えていない自分も居る。理解するって難しい。でも頭の片隅にでもあれば違うだろう。
読了日:01月16日 著者:田亀 源五郎
湯神くんには友達がいない 12 (少年サンデーコミックス)湯神くんには友達がいない 12 (少年サンデーコミックス)感想
絶交をきっかけに、二人何だかイイ感じになってきた?肩を組まれてドキッとしちゃったちひろちゃんの今後の反応に期待。
読了日:01月15日 著者:佐倉 準
ファイアパンチ 7 (ジャンプコミックス)ファイアパンチ 7 (ジャンプコミックス)感想
ルナと男女の仲になったのもつかの間、過去がいつまでも離れてくれない。罪は罪だけど、どこかで断ち切らないと永遠とその楔は消えない。サンが歪な教祖様化してるし、温かい世界は誰かの犠牲によってしか成り立たないのだろうか。
読了日:01月15日 著者:藤本 タツキ
火ノ丸相撲 17 (ジャンプコミックス)火ノ丸相撲 17 (ジャンプコミックス)感想
熱い。相撲は一度観れば夢中になれるのに、その楽しさを共有し合える存在は意外と少ないものだよね。団体戦、勝ち切って欲しい。今度こそ。
読了日:01月15日 著者:川田
ましろのおと(19) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(19) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
ユナとの恋愛未満な関係を一旦絶って、音を追い求めるストイックな雪…カッコイイね。モギュで暫く生きていけるだろう。田沼兄妹と雪の絡みが好き。
読了日:01月15日 著者:羅川 真里茂
BIRDMEN 4 (少年サンデーコミックス)BIRDMEN 4 (少年サンデーコミックス)感想
子どものアクションごっこ。修学旅行までは和気あいあいとしていたけど、何だかきな臭い奴らが来日。この後どうなるの?
読了日:01月15日 著者:田辺 イエロウ
先生の白い嘘(8) (モーニング KC)先生の白い嘘(8) (モーニング KC)感想
美奈子の深い愛情に最後救われた作品だった。美鈴は養護教諭を目指して再スタートを切ったようだし、自身の経験が生きる仕事かもしれない。ミサカナちゃんだけは心にまだ重しを抱えたままな気がするけど、和田島が支えになってくれることを願う。
読了日:01月14日 著者:鳥飼 茜
MAJOR 2nd(メジャーセカンド) 11 (少年サンデーコミックス)MAJOR 2nd(メジャーセカンド) 11 (少年サンデーコミックス)感想
風林中2年になった大吾がキャプテンとして、
生意気な一年生たちを迎えて大会に挑む。
顧問の先生はやる気ないし、大丈夫か?と思うけど
案外皆カワイイ奴らなので頑張れ。

読了日:01月13日 著者:満田 拓也
ゴールデンゴールド(3) (モーニング KC)ゴールデンゴールド(3) (モーニング KC)感想
便座裏にびっしり福の神…キモイ…。夢に出てきそう。
流花に拒絶されて少し元気を失くした?本屋を建設しない限りは呪縛から逃れられないのかな。及川の変化も気になる。
読了日:01月12日 著者:堀尾 省太
マリーマリーマリー 4 (マーガレットコミックス)マリーマリーマリー 4 (マーガレットコミックス)感想
ミニの元オーナーに偶然出会うなんて運命感じるね。二郎のお姉ちゃん不二子も良いキャラだし、「屁」の話に一話割くとは素晴らしいwwさちこギターはどこへ流れていったのかな。
読了日:01月12日 著者:勝田 文
終末のハーレム 4 (ジャンプコミックス)終末のハーレム 4 (ジャンプコミックス)感想
ウイルスの話が今後もっと進むと良いんだけど。学園ハーレムの土井ちん、何だか嫌な感じになってきてる?あと残り2人の男性はどうなっているんだろうか??
読了日:01月11日 著者:宵野 コタロー
百万畳ラビリンス  下巻 (ヤングキングコミックス)百万畳ラビリンス 下巻 (ヤングキングコミックス)感想
現実世界では生きにくかった礼香が、自分の居場所を見つけた。単なるハッピーエンドではなく、これからまだまだ続く世界の物語なので、いつでも冒険が待っている。多神との関係性が気になる所だけど、そこは想像で補完。庸子も好きだなあ。
読了日:01月10日 著者:たかみち
百万畳ラビリンス  上巻 (ヤングキングコミックス)百万畳ラビリンス 上巻 (ヤングキングコミックス)感想
唐突に始まった異世界脱出ゲーム。目的もゴールも見えない中で、この状況を楽しんでしまう礼香と冷静な庸子。次にどんなステージが現れるのか期待してしまう。
読了日:01月09日 著者:たかみち
コウノドリ(20) (モーニング KC)コウノドリ(20) (モーニング KC)感想
産後ノイローゼによる自殺は悲しい。でも自分も経験してきたけど、産んだ後は子供にばかり周りの関心が行って、産後体力の回復しない母親のことは放っておかれがちになる。妊娠中も情緒不安定になるし、誰かが支えてあげないと倒れてしまう。記念撮影は必要だと考える派。4Dも良かったし、エコー写真も貰えると嬉しかったな。くれない所もあるので、そこは病院の意向に沿うしかないけど。四宮先生は癒し。
読了日:01月08日 著者:鈴ノ木 ユウ
インベスターZ(21) (モーニング KC)インベスターZ(21) (モーニング KC)感想
アッという間の最終巻。原発問題の解決に目を向け、
自身の将来を考えた神代さん凄すぎる。
「金を愛せ」ふざけているようで、色々な視点から物事を考えられる言葉だと思う。とにかく未来へ向かって動かねば。
読了日:01月07日 著者:三田 紀房
1日外出録ハンチョウ(2) (ヤンマガKCスペシャル)1日外出録ハンチョウ(2) (ヤンマガKCスペシャル)感想
小田切とワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ。
黒服宮本との信頼関係。チンチロ仲間二人との絆などなど。
真っ当に生きられるんじゃないの?ハンチョウ…
と言いたくなる。今回も面白かった。
読了日:01月06日 著者:上原 求,新井 和也,福本 伸行
BLUE GIANT SUPREME 3 (ビッグコミックススペシャル)BLUE GIANT SUPREME 3 (ビッグコミックススペシャル)感想
ハンナとのデュオは中々情熱的。漫画からはセリフが少ないながらも音が聞こえる。そしてまた、メンバー候補になりそうなピアニストが登場。早く先が読みたい。
読了日:01月05日 著者:石塚 真一
賭ケグルイ(7) (ガンガンコミックスJOKER)賭ケグルイ(7) (ガンガンコミックスJOKER)感想
指切りギロチンはギャンブルとは言えないけど…夢子と妄のキャラが生きた展開で良かった。喰一族が勢ぞろいして面白いことになりそう。そういえば夢子も「蛇喰」だった。その辺の話も早く知りたい。
読了日:01月04日 著者:河本ほむら,尚村透
アオイホノオ 18 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アオイホノオ 18 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
買い忘れていたなんて…不覚!!
矢野さんが漫画界の荒波に漕ぎ出した。
素晴らしい原作を前にギャグで乗り切る覚悟を決めたホノオくん…悪くないと思うよ。
読了日:01月03日 著者:島本 和彦
しあわせアフロ田中 8 (ビッグコミックス)しあわせアフロ田中 8 (ビッグコミックス)感想
心に親友を宿す。…案外いいかもしれない。
なまずちゃんはああ見えて…結構遊んでいるタイプなのかな。大沢は…どうするんだろう。
読了日:01月02日 著者:のりつけ 雅春
土竜(モグラ)の唄 22 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 22 (ヤングサンデーコミックス)感想
パピヨンには人殺して欲しくないよね。暗殺計画はどうなるのか。
読了日:01月02日 著者:高橋 のぼる
土竜(モグラ)の唄 21 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 21 (ヤングサンデーコミックス)感想
轟は本物のワルだなあ~。コイツを追い詰めるのは大変だ。刃は父の愛情は得られなかったけど、玲二たちと出会えて良かったんじゃないかな。
読了日:01月01日 著者:高橋 のぼる
町田くんの世界 6 (マーガレットコミックス)町田くんの世界 6 (マーガレットコミックス)感想
恋の始まり…なのか。猪原さんの手が気になって仕方ない町田君。でも、最後のハグは誰だってヤバいよね。
たこ焼き屋のおじさんとの出会いや、教育実習生の話は面白いけど、何だか唐突すぎて、いかにも「漫画」だなあと感じてしまったところがある。

読了日:01月01日 著者:安藤 ゆき

読書メーター
スポンサーサイト
Posted by こっこ   0 comments   0 trackback

12月に読んだ漫画

12月の読書メーター
読んだ本の数:73
読んだページ数:13149
ナイス数:400

BIRDMEN 3 (少年サンデーコミックス)BIRDMEN 3 (少年サンデーコミックス)感想
【登録漏れ】はかせ役登場。なかなか頼りになりそうな良いおじさん。
読了日:12月31日 著者:田辺 イエロウ
BIRDMEN 2 (少年サンデーコミックス)BIRDMEN 2 (少年サンデーコミックス)感想
【登録漏れ】変身する際は脱ぐんだな…。
読了日:12月31日 著者:田辺 イエロウ
ジョジョリオン 17 (ジャンプコミックス)ジョジョリオン 17 (ジャンプコミックス)感想
S&Wはひもだったのね。
アーバン・ゲリラとドレミファソラティ・ドの
フォルム好きだわ。「オゾン・ベイビー」は「パープル・ヘイズ」並みに嫌なスタンドだわ。
読了日:12月30日 著者:荒木 飛呂彦
マリーマリーマリー 3 (マーガレットコミックス)マリーマリーマリー 3 (マーガレットコミックス)感想
紙婚式…初めて聞いた。楽しそうでいいな。
きりえちゃんと二郎くんは可愛いね。
読了日:12月29日 著者:勝田 文
マリーマリーマリー 2 (マーガレットコミックス)マリーマリーマリー 2 (マーガレットコミックス)感想
森田さんは三つ子でしたか!ビックリ。ご両親も自由人w
読了日:12月28日 著者:勝田 文
信長協奏曲 16 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 16 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
秀吉がここに来てようやく疑われる段へ。
本能寺の変前にサブローの教科書が
どこからか出てきそうな気がするな。
読了日:12月28日 著者:石井 あゆみ
ACMA:GAME(13) (講談社コミックス)ACMA:GAME(13) (講談社コミックス)感想
粘土問答ゲームスタート。いたって単純ではあるけど、確かに「犬」って難しいかもしれないw
読了日:12月28日 著者:恵 広史
フットボールネーション 2 (ビッグコミックス)フットボールネーション 2 (ビッグコミックス)感想
私ももも裏を意識した歩き方実践してみたいなと思った。
インナーマッスルの鍛え方、気になっていたから為になる。
読了日:12月27日 著者:大武 ユキ
フットボールネーション 1 脚のきれいな選手求む! (ビッグコミックス)フットボールネーション 1 脚のきれいな選手求む! (ビッグコミックス)感想
足の綺麗な選手の意味って、こういう意味なのね。サッカー漫画にしては泥臭さがなく、すっきりと綺麗な絵柄なので女性受けしそうな作品。
読了日:12月27日 著者:大武 ユキ
銀のスプーン(17) (KCデラックス Kiss)銀のスプーン(17) (KCデラックス Kiss)感想
最終巻。私的には正直夕子の復活が無くても良かったかな。でもまあ、付き合っている訳でもないので、今後どう進展していくかは見方次第だろう。
読了日:12月27日 著者:小沢 真理
雪花の虎 5 (ビッグコミックススペシャル)雪花の虎 5 (ビッグコミックススペシャル)感想
虎様女になってしまったねぇ。なかなか美しい。
川中島の戦い楽しみ。
読了日:12月27日 著者:東村 アキコ
約束のネバーランド 5 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 5 (ジャンプコミックス)感想
ようやく脱出。ここから更に困難が待ち受けていそうで
ハラハラする。ママの愛は嘘ばかりではなかったんだな。
読了日:12月26日 著者:出水 ぽすか
イシュタルの娘~小野於通伝~(16) (BE LOVE KC)イシュタルの娘~小野於通伝~(16) (BE LOVE KC)感想
ぬばたまと太夫の関係が最終巻で明らかに。なるほどね。最終巻、多くの役者がこの世を去ってしまった。おふくの生き様には共感出来ないけど、彼女の孤独は切ない。
読了日:12月26日 著者:大和 和紀
秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
幼少期に洗脳された子どもたちは一生心に刻まれ続けるだろう。須田が自身の子供を守るため、児玉を警察に差し出そうとしたり、大人たちの洗脳は解けていたんだろうけど、恐怖で支配されて動けずにいたとは哀れ。この物語はこれで終わりかもしれないけど、モヤっとする。
読了日:12月26日 著者:清水玲子
海月姫(17) (KC KISS)海月姫(17) (KC KISS)感想
完結。三角関係の決着はまだまだこれからと言ったところだけど、恋がゴールの作品じゃないからイイのだ。目白先生の秘密・ばんばさんが実は美少女だったりと色々ぶっこんで来たけど、うまくまとめてくれて読んでてよかったと思った。お手軽価格のジャージドレスあったらいいな。
読了日:12月26日 著者:東村 アキコ
MAJOR 2nd(メジャーセカンド) 10 (少年サンデーコミックス)MAJOR 2nd(メジャーセカンド) 10 (少年サンデーコミックス)感想
また大吾が気落ちしてしまう。もう何度目かな?おとさんがいいタイミングで帰国。家族全員、妻までも「おとさん」呼びw光君はこんなところでダメにならないだろうと思っていたけど、やっぱりだった。大して受験勉強していたようには見えなかったけど、志望校に無事進学し中学生編へ。
読了日:12月25日 著者:満田 拓也
ギフト± ( 5) (ニチブンコミックス)ギフト± ( 5) (ニチブンコミックス)感想
崇に女装させたのは、自身があの事件とは無関係だとアピールする為だろうな。事件の真相が徐々に明らかになってきたけど、環の心臓と新たな心臓の謎はこれから。
読了日:12月24日 著者:ナガテ ユカ
東京喰種トーキョーグール:re 12 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール:re 12 (ヤングジャンプコミックス)感想
トーカちゃんの前巻での振りから、まさかそのままイってしまうとはね。結婚&懐妊までしたから幸せな未来が待って居て欲しいけど…どうなんだろうな。不安しかない。
読了日:12月24日 著者:石田 スイ
八雲さんは餌づけがしたい。(4) (ヤングガンガンコミックス)八雲さんは餌づけがしたい。(4) (ヤングガンガンコミックス)感想
八雲さんが無防備にエロボディを晒しすぎ。流石の大和君も年頃の男の子なんだな。でもおっぱいとお腹を間違えるとはなんともはやww大和君の夏は終わってしまった。
読了日:12月23日 著者:里見U
ちはやふる(36) (BE LOVE KC)ちはやふる(36) (BE LOVE KC)感想
理音強いな。こんなにがむしゃらに何が何でも勝ちに来る彼女は想像できなかった。自信のある人間とポジティブな人間だと後者が強いか…。でも仲間と未来に行く道筋が見えている新には及ばなかったな。
読了日:12月23日 著者:末次 由紀
王様達のヴァイキング 13 (ビッグコミックス)王様達のヴァイキング 13 (ビッグコミックス)感想
ミラージュ内部へ侵入。蘇芳は更なる兵器を手に入れようと画策し、ついに総理へ?強さを手に入れるには、権力者になるのが近道なんだろうけど、嫌悪感しかない。信号機もハイジャックできるって凄いわ。
読了日:12月23日 著者:さだやす,深見 真
終わりのセラフ 2 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 2 (ジャンプコミックス)感想
黒鬼との契約で、ようやく闘いの場に立てるのかな。君月くんはイイキャラだなあ。あとからメガネキャラへと進化したみたいだけど、ナイスです!
読了日:12月22日 著者:鏡 貴也
嘘喰い 40 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 40 (ヤングジャンプコミックス)感想
エア・ポーカー開戦。梶くんってこんなに賢い子だったかな?一方ラロだったら速攻気づきそうな気もしたけど…。屋形越えが見えてきて、この戦いにはぜひ勝利して欲しい。
読了日:12月22日 著者:迫 稔雄
古見さんは、コミュ症です。 6 (少年サンデーコミックス)古見さんは、コミュ症です。 6 (少年サンデーコミックス)感想
私も中々さんとのまったりモード良いわ。付き合いたいね。
カラオケのエピソード読んでて、めっちゃ共感できてしまった。私もコミュ障なのかもしれない。
読了日:12月22日 著者:オダ トモヒト
双亡亭壊すべし 2 (少年サンデーコミックス)双亡亭壊すべし 2 (少年サンデーコミックス)感想
いよいよ内部に潜入。怪しげな能力者が集結したけど、きっと役に立たないんだろうな。
読了日:12月21日 著者:藤田 和日郎
アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)感想
兄弟対決で犠牲になった人たち・象たちが無念すぎる。アルスラーンに忠誠を誓う者たちは覚悟が違うな。ダリューンが死にそうになって、あそこまでキレたアルスラーン王子には驚いた。次巻発売は5月…。長いなあ。
読了日:12月21日 著者:荒川 弘
終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス)感想
13歳以下の子どもしか生きられない設定は、楳図かずお先生の「14歳」を思い起こさせた。この物語の実際は違っていたわけだけど。吸血鬼との対決のみではなく、まだまだ外にも世界が広がっていそうで今後の展開に期待。
読了日:12月20日 著者:山本 ヤマト
土竜(モグラ)の唄 20 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 20 (ヤングサンデーコミックス)感想
パピヨンの薬への憎悪は本物。人生そのものを破壊してしまってはアカンよね。轟までの道のりはなかなか険しそう。
読了日:12月19日 著者:高橋 のぼる
土竜(モグラ)の唄 19 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 19 (ヤングサンデーコミックス)感想
月原しぶといなあ。いずれまた玲二の前に立ちはだかるんだろう。パピヨンが復活。嬉しいねぇ。
読了日:12月18日 著者:高橋 のぼる
ぐらんぶる(1) (アフタヌーンKC)ぐらんぶる(1) (アフタヌーンKC)感想
題材的には「あまんちゅ!」に近いんだけど比較しては失礼かなwって位下品だけど、まあでも大学生ってこういうノリが楽しんだよね。主人公があっという間に染まって変態化。
読了日:12月18日 著者:吉岡 公威
さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
女子サッカー界が求めている才能=恩田が爆発。個性的なキャラと確かな技術とたゆまぬ努力がぶつかって、皆が皆主役級に輝いている。
読了日:12月17日 著者:新川 直司
アサギロ~浅葱狼~ 13 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アサギロ~浅葱狼~ 13 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
勝手に屯所にされたらたまったもんじゃないよなあ…。
でも美化されるばかりの新撰組の話よりもずっと好感が持てる。隊服は確かにあまりカッコよくはないかもしれない。
読了日:12月17日 著者:ヒラマツ ミノル
転生したらスライムだった件(1) (シリウスKC)転生したらスライムだった件(1) (シリウスKC)感想
すくすくと無敵スライムへと進化していく過程が面白いね。
女の子キャラが居ないけど、2巻に転生します。
読了日:12月16日 著者:川上 泰樹
氷菓 (1) (カドカワコミックスAエース)氷菓 (1) (カドカワコミックスAエース)感想
謎解き自体は単純。だけど、個々のキャラに華がある。
えるの告白とは何だろうか?それにしても音楽室の謎はもう終わり?
読了日:12月16日 著者:タスクオーナ
白暮のクロニクル 7 (ビッグコミックス)白暮のクロニクル 7 (ビッグコミックス)感想
竹之内は一体何をしているのかな?映画はあえて利用されたに過ぎないのだろうか?オキナガの社会的抹消を狙っているのか、はたまた逆なのか。「羊殺しの一人」ってどういう意味なんだろう。謎は深まるばかり。
読了日:12月15日 著者:ゆうき まさみ
火ノ丸相撲 16 (ジャンプコミックス)火ノ丸相撲 16 (ジャンプコミックス)感想
満を持して桐仁登場!待っていたぞ!!
兄弟対決も良かった。女の子たちのパンツは
何色だったのだろう。
読了日:12月15日 著者:川田
青の祓魔師 20 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 20 (ジャンプコミックス)感想
雪男…。マジでおばさん心配だよ…。
志摩家は6人兄弟…?もっといるのかな?大家族イイね。
子猫さんがモテるのは何か分かる気がしてきた。
さて、奥村兄弟の母のこと、しえみのことなどなど
気になる部分が多すぎ。早く続きをもらわねば
忘れてしまいそう。

読了日:12月15日 著者:加藤 和恵
彼岸島 48日後…(13) (ヤンマガKCスペシャル)彼岸島 48日後…(13) (ヤンマガKCスペシャル)感想
金剛編終了。ネズミは調子良いなあ。かっちゃんはこの先も生き延びて欲しいけど、ハゲは近々死にそうな予感。
ようやく東京行きの話に戻ることになったので、
次巻以降話が大きく動いて欲しい。
読了日:12月14日 著者:松本 光司
ランド 1 (モーニングKC) (モーニング KC)ランド 1 (モーニングKC) (モーニング KC)感想
アンと杏。双子の運命を隔てたお山の向こうには、
とんでもない秘密が隠れている?
古代ファンタジーモノかなと思っていたら、
予想を覆す展開になりそうで、期待しています。
読了日:12月14日 著者:山下 和美
かぐや様は告らせたい 1 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)かぐや様は告らせたい 1 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)感想
萌え萌えな感じのキャラかなと思って敬遠していたら
なかなか面白かった。恋愛の駆け引きはむしろ
素直になったもんが勝ちじゃないかなあ?と個人的には
思っている。ズルズル延長戦にならないことを願う。
読了日:12月14日 著者:赤坂 アカ
GIANT KILLING(45) (モーニング KC)GIANT KILLING(45) (モーニング KC)感想
持田がこうなることは予期出来ていたけど、単純に現役を退く道ではなくて良かった。椿が決定打を決めてくれてスカッとした!さて代表に選ばれるのは誰か??
読了日:12月14日 著者:ツジトモ,綱本 将也
レインマン 5 (ビッグコミックススペシャル)レインマン 5 (ビッグコミックススペシャル)感想
雨宮家の歴史が語られる。偉人を全て「雨人」と語ってしまう強引さはあるけど、説としてはなかなか面白い。
次巻どうやら宗像教授が登場するようなので楽しみ。
読了日:12月13日 著者:星野 之宣
ゴールデンカムイ 11 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 11 (ヤングジャンプコミックス)感想
嫉妬するアシㇼパさんが可愛い。姉畑が笑えないレベルの変態で流石に引くww強盗夫婦は何だか好きだったので、あっさり死んでしまって残念だった。子供が唯一の救いだった気がする。
読了日:12月13日 著者:野田 サトル
ベイビーステップ(46) (講談社コミックス)ベイビーステップ(46) (講談社コミックス)感想
理VS理。クリシュナがここまでの強敵になるとは面白い。
頭の回転が速いクリシュナ相手に、よくここまで
粘れるもんだと感心する。
エーちゃんの勝利を期待しても…いいかなあ。
読了日:12月13日 著者:勝木 光
キングダム 48 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 48 (ヤングジャンプコミックス)感想
王翦凄いなあ。まさかの兵糧攻め合戦になるとはね。
この巻は信の活躍が影を潜めているけど、若手の活躍が著しくて嬉しくなる。
読了日:12月13日 著者:原 泰久
インベスターZ(20) (モーニング KC)インベスターZ(20) (モーニング KC)感想
くだらないと決め込んでからの追い上げが凄い。
夢って何かの言い訳にしか聞こえないと言い切るとは、
確かに嫌な中2だよなあ~。
この巻で最終バトル完結して欲しかった気もするけど…
まあいいか。
読了日:12月12日 著者:三田 紀房
不滅のあなたへ(4) (講談社コミックス)不滅のあなたへ(4) (講談社コミックス)感想
グーグーとリーンの想いが通じ合ったところに涙。どうしてグーグーが死ななくてはいけない運命だったのだろう。
フシは自分の無力を呪う。また新たな土地で新たな出会い。
生と死の交わりを経験するのだろう。
優しく温かく残酷。
読了日:12月12日 著者:大今 良時
秘密 season 0 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 season 0 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
一度読み始めたら秘密の世界で頭がいっぱいになる。
薪さんがホントに怖いのは青木を失う事。
涙が出そうになった。タジクが再登場するとは
ビックリだけど、憎めないキャラではある。

読了日:12月12日 著者:清水玲子
ギフト±(4) (ニチブンコミックス)ギフト±(4) (ニチブンコミックス)感想
阿藤さんが亡くなってしまうのは辛い。正義が何なのか分からなくなるけど、とりあえず加藤はどうにかして欲しいな。
環の意識が変化してきたので、事態をひっくり返すのが見てみたい。
読了日:12月12日 著者:ナガテ ユカ
双亡亭壊すべし 1 (少年サンデーコミックス)双亡亭壊すべし 1 (少年サンデーコミックス)感想
初っ端から濃いwwこのスピード感と異形の者たちの描写がやっぱり魅力的。双亡亭は生き物なのだろうな。最近は短編にも力入れているから、10巻くらいでまとめてくれると名作になると思う。
読了日:12月11日 著者:藤田 和日郎
ACMA:GAME(12) (講談社コミックス)ACMA:GAME(12) (講談社コミックス)感想
フルーツバスケット終了。初も仲間に引き入れて新たな情報も入手。おまけマンガが一番面白かった。
読了日:12月11日 著者:恵 広史
先生の白い嘘(7) (モーニング KC)先生の白い嘘(7) (モーニング KC)感想
みなの「許して」は辛い。新妻くんは三郷さんを抱かなくて正解だったと思う。また互いが傷つくだけだ。和田島くんは思っていたよりもまともなのかもしれないと感じた。
どうやって物語を着地させるのか怖い。
読了日:12月11日 著者:鳥飼 茜
土竜(モグラ)の唄 18 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 18 (ヤングサンデーコミックス)感想
ケーサツ早く動けや!!刃のエピソードが何だか悲しい。
どんな奴にも過去があって、ああなってしまう原因がある。
月原は逮捕できるのかな。
読了日:12月10日 著者:高橋 のぼる
いぬやしき(10) (イブニングKC)いぬやしき(10) (イブニングKC)感想
ありがちな終幕。
ヒーローが異なる形で娘へと受け継がれたのは良かった。
10巻でまとめたのでそこは流石です。
読了日:12月10日 著者:奥 浩哉
新黒沢 最強伝説 11 (ビッグコミックス)新黒沢 最強伝説 11 (ビッグコミックス)感想
もう恋之助の話いいよ…。お腹いっぱい。結局ガチでやらない訳だし、黒沢も元の職場に戻ればいい。美咲ちゃんは無理でしょう。
読了日:12月10日 著者:福本 伸行
食糧人類-Starving Anonymous-(3) (ヤンマガKCスペシャル)食糧人類-Starving Anonymous-(3) (ヤンマガKCスペシャル)感想
カズが意外と精神状態まともで安心する。
透明人間とか怖すぎたけど、何とか切り抜けて良かった。
肉体改造手術を回避する事は出来るのかな?
読了日:12月09日 著者:イナベ カズ,水谷 健吾
嘘喰い 39 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 39 (ヤングジャンプコミックス)感想
花さん…こんなに重要人物だった??
「俺はまだ何も失ってない」という貘。悲しくも強い嘘だね。
読了日:12月09日 著者:迫 稔雄
終末のハーレム 3 (ジャンプコミックス)終末のハーレム 3 (ジャンプコミックス)感想
相変わらずエロいね。でも土井くんを取り巻く女の子たちは男は彼しかいないと教えられているようなので、
事実が判明したらどうなるだろうか。
MKウイルスの謎も気になる。
読了日:12月09日 著者:宵野 コタロー
ペン太のこと(10) (イブニングKC)ペン太のこと(10) (イブニングKC)感想
最終巻。はかせの話は切なかった。何故はたけだけ若いんだろうなあ~と思っていたけど、そういう経緯で来た子だったんだな。老猫になってきた子たちをいつまでも深い愛で包んでくれる父ちゃんと母ちゃんは素晴らしい。
読了日:12月08日 著者:片倉 真二
ペン太のこと(9) (イブニングKC)ペン太のこと(9) (イブニングKC)感想
よくここまで猫ちゃんに寄り添って生きているなあ~と感心してしまう。どの子も一番可愛い。
虹の橋の話は他の漫画で読んだことあるので知っていましたけど、ペン太が待っててくれると思うと寂しくないね。
読了日:12月08日 著者:片倉 真二
賭ケグルイ(6) (ガンガンコミックスJOKER)賭ケグルイ(6) (ガンガンコミックスJOKER)感想
賭けの対象が「んん??」とは思ったけど、
扉の塔はなかなか面白かった。
人間味のない会長のちょっとした愛らしい面が
見れたので満足。
清華の偏愛は理解しがたいけど、
彼女のような人、嫌いじゃないです。
読了日:12月07日 著者:河本 ほむら,尚村 透
賭ケグルイ(5) (ガンガンコミックスJOKER)賭ケグルイ(5) (ガンガンコミックスJOKER)感想
メガネ君との対戦。彼は生徒会役員の中では
一番まともな凡人だったな。
皇との関係性は嫌いじゃないです。
読了日:12月06日 著者:河本 ほむら,尚村 透
賭ケグルイ(4) (ガンガンコミックスJOKER)賭ケグルイ(4) (ガンガンコミックスJOKER)感想
この巻はギャンブルらしいギャンブルはなかった。
作者が趣味に走ったかな?
でもまあアイドルの子、嫌いじゃないです。
読了日:12月06日 著者:河本 ほむら,尚村 透
賭ケグルイ(3) (ガンガンコミックスJOKER)賭ケグルイ(3) (ガンガンコミックスJOKER)感想
死にたがりには放置プレイが一番の罰。
夢子からすれば、初めから勝負する気がない相手とは
興ざめだろうな。
鈴井との絆が強まった気がする。
読了日:12月06日 著者:河本 ほむら,尚村 透
土竜(モグラ)の唄 17 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 17 (ヤングサンデーコミックス)感想
パピヨンとクロケンはいいコンビニなりそう?
肝心のMDMAが見つからない。「犬」はもろ犬の中なのか?
読了日:12月06日 著者:高橋 のぼる
天空侵犯(14) (KCデラックス 週刊少年マガジン)天空侵犯(14) (KCデラックス 週刊少年マガジン)感想
ようやく開戦。スナイパーはまたハイバーネーションの渦へ。お兄ちゃんがやっと動き出す?
最近同じことの繰り返しで停滞気味なので、
物語を大きく動かして欲しい。
読了日:12月05日 著者:大羽 隆廣
BIRDMEN 1 (少年サンデーコミックス)BIRDMEN 1 (少年サンデーコミックス)感想
人生はつまらない。自分の日常には何も変化が起きない。誰でも一度はリセットしたくなる気持ちを持っているものかもしれない。死を経てバードマンとなった彼らは世界を救う救世主にでもなるのだろうか?
読了日:12月05日 著者:田辺 イエロウ
東京喰種トーキョーグール:re 11 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール:re 11 (ヤングジャンプコミックス)感想
狂気的な恋愛模様が楽しめた巻だった。
才子ちゃんが無敵すぎてビビったけど、
彼女らしい戦い方だなと思う。
六月はどうした?ヤバいぞ。
トーカちゃんにしときなさい。
読了日:12月05日 著者:石田 スイ
嘘喰い 38 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 38 (ヤングジャンプコミックス)感想
祭りが始まったが、裏で暗躍する者たちと勝利の時まで身を隠す梶たち。アウトローだったアラタがまさかの行動。
そのアラタをも喰いつくすラロ。そして再登場の梟。
怒涛の展開でシビレるね。
読了日:12月04日 著者:迫 稔雄
秘密 season 0 4 (花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 season 0 4 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
桜木さん親子の想いが苦しい。どんなに母が愛してくれていたか、悩んでいたか、人の表情が見えない彼にも痛いほど伝わってやり切れない。黒谷さんも最終的に彼の誠実さに心が動いていた。彼は自分を少し好きになれるかな。
最後、青木が用意した舞ちゃんお菓子に吹いたww
大人二人で食べるの?
読了日:12月03日 著者:清水玲子
幼女戦記 (3) (角川コミックス・エース)幼女戦記 (3) (角川コミックス・エース)感想
自分の思惑とは違う方へ流されていくのが
可哀想な気もするけど面白い。
優秀過ぎるが故のジレンマか。
40年後の「十一番目の女神」の話は興味深い。

読了日:12月02日 著者:東條 チカ
白暮のクロニクル 6 (ビッグコミックス)白暮のクロニクル 6 (ビッグコミックス)感想
ニセ羊殺しが現れたことで、物語がググっと核心部へ。
しゃべりすぎる奴・あまりにも近くに居すぎる
人物は怪しい。神父もまだ謎が多いし、どう解決するのか。
読了日:12月01日 著者:ゆうき まさみ
スミカスミレ 9 (マーガレットコミックス)スミカスミレ 9 (マーガレットコミックス)感想
黎とスミレがイイ感じで嬉しいけど、真白君がちょっと
可哀想。大好きな映画の世界で頑張るスミレは輝いてる。紅林がどう出るのか気になるなあ~。
読了日:12月01日 著者:高梨 みつば

読書メーター
Posted by こっこ   0 comments   0 trackback

11月に読んだ漫画

11月の読書メーター
読んだ本の数:65
読んだページ数:10458
ナイス数:283

ホリミヤ(11) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(11) (Gファンタジーコミックス)感想
何で付き合っていないの?とは思うけど、
この距離感が良いのかもしれない。
宮村を取り巻く男友達は皆好きだわw
読了日:11月30日 著者:HERO,萩原ダイスケ
亜人(10) (アフタヌーンKC)亜人(10) (アフタヌーンKC)感想
圭の母が清々しい。誰よりも息子を理解している。冷めているようでいて愛がある。戸崎も頑張れ。そろそろ佐藤と決着付けて欲しいな。
読了日:11月30日 著者:桜井 画門
インベスターZ(19) (モーニング KC)インベスターZ(19) (モーニング KC)感想
表紙の絵…下手だなあwwでも重粒子線ガン治療
の話はとても興味深い。私も発信していきたい。
300万で癌が治るなら安いよね。
病院側もキチンと情報公開して欲しい。
三番勝負はガンの前には霞んでしまうな。
読了日:11月30日 著者:三田 紀房
おひとり様物語(7) (ワイドKC Kiss)おひとり様物語(7) (ワイドKC Kiss)感想
電車でカバンを拾ってくれた人にチョコ渡して
そこから関係が始まる…?無くはないだろうけど、
アラサー女子にそんな出会い奇跡だ。
野外フェスの二人はイイ感じ。
読了日:11月29日 著者:谷川 史子
ACMA:GAME(11) (講談社コミックス)ACMA:GAME(11) (講談社コミックス)感想
初くん、意外とうかつ。ゆかりはマジで勝つ気ないんだな。
ここからどう逆転するのか楽しみ。
ゲーム内容自体は何だか可愛いよね。
読了日:11月29日 著者:恵 広史
恋と嘘(6) (講談社コミックス)恋と嘘(6) (講談社コミックス)感想
ヒロイン二人とも幸せになる形で作者は
考えているようだけど…ネジに二人とも恋してるよね?
それにしても何でキスシーンがあんなにエロいんだろう。
モトイ先輩(とあえて呼ぶが)は今からでも
遅くはないのでは?
読了日:11月29日 著者:ムサヲ
カラダ探し 15 (ジャンプコミックス)カラダ探し 15 (ジャンプコミックス)感想
凄い表紙w売る気あるww??最後の一日とは言うけど、最後…にはならない気が…。謎がまだまだ多すぎるからラストで駆け足にならないように、出し惜しみはもうやめて
そろそろペース上げて欲しい。
分かっている情報ばかりしか
出てきていない気がしてしまう。
読了日:11月28日 著者:村瀬 克俊
七つ屋志のぶの宝石匣(5) (KC KISS)七つ屋志のぶの宝石匣(5) (KC KISS)感想
この巻もまたまた本筋からズレて質屋人情話。
キラキラしたものを一つでもいいから
身に付けようと思わされた。
読了日:11月28日 著者:二ノ宮 知子
夜廻り猫(1) (ワイドKC モーニング)夜廻り猫(1) (ワイドKC モーニング)感想
遠藤平蔵は生霊かなんかなのか?と思う位、
妙に世を達観している。
心で泣いている人々に寄り添って日々夜廻りする彼のもとにも愛が溢れますように。皆で少しずつ力を分け合って
生きていこうと勇気づけられる。
読了日:11月28日 著者:深谷 かほる
ハレ婚。(13) (ヤンマガKCスペシャル)ハレ婚。(13) (ヤンマガKCスペシャル)感想
ゆず可愛いな。最高すぎる。でも妊娠からまさかの事態に発展したな。どうするんだろう。ジョーは変わらないんだろうか。
読了日:11月27日 著者:NON
海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)感想
チカの妊娠と、元アフロ店長のプロポーズ
カッコよくて泣けた。
「新しいことを始める時は誰だって不安で
ザワザワする」
今のままでもいいんだけど、それだけじゃ
満足できないのも人間だよね。
ヤスが月の力を借りて想いを遂げて良かったw
読了日:11月27日 著者:吉田 秋生
アサギロ~浅葱狼~ 12 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アサギロ~浅葱狼~ 12 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
斎藤一が本格的に仲間入り。
することないなら早く出て行って欲しいっていうのには
吹いたw
今のところ暇だよね。
読了日:11月27日 著者:ヒラマツ ミノル
即席ビジンのつくりかた (ワイドKC)即席ビジンのつくりかた (ワイドKC)感想
分かる分かる…。アラフォーに向かうにつれて、
女としての自分に自信が持てなくなる気持ち。
お金で解決できるならしたいのも。
性格的にコツコツ努力は難しいよね。
アキ子姐さんはいつも清々しい。
読了日:11月26日 著者:東村 アキコ
マリーマリーマリー 1 (マーガレットコミックス)マリーマリーマリー 1 (マーガレットコミックス)感想
突然始まったラブストーリー。結婚にはやっぱり勢いと直観大事だなと思う。世の草食系は「お金が…」「仕事が…」とかグダグダ言ってないで、取り合えず目の前の大切な人を幸せにしなさいと言いたい。森田は安定するものなんぞ何もないぞww
読了日:11月26日 著者:勝田 文
土竜(モグラ)の唄 16 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 16 (ヤングサンデーコミックス)感想
ロシアンマフィアすらねじ伏せる月原。いずれここを越えないといけないだろうから厳しいなあ。
玲二は女王様のマゾ犬ということで
月原を納得させられたのか??
読了日:11月25日 著者:高橋 のぼる
土竜(モグラ)の唄 15 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 15 (ヤングサンデーコミックス)感想
丁寧はクロ、乱暴はシロ。なるほどね。
刃もヤバい奴だけど、何だか憎めないワルだなあ。
読了日:11月25日 著者:高橋 のぼる
幼女戦記 (2) (角川コミックス・エース)幼女戦記 (2) (角川コミックス・エース)感想
女の子二人でよく頑張ってるなあ。戦場では「出来ない」って選択肢はないから突き進むしかないのだろうけど。
さて、賛否ある中大学生になったけど
平穏な日々とはならないだろうな。
読了日:11月24日 著者:東條 チカ
弱虫ペダル 52 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 52 (少年チャンピオン・コミックス)感想
チーム二人は最高だけど、青八木大丈夫なのか??
現実的に、6人全員揃うまで
待つとかあり得るの?
橋対決はうまくまとまったけど、いらぬ勝負だと思う…。
読了日:11月24日 著者:渡辺航
ボールルームへようこそ(9) (講談社コミックス月刊マガジン)ボールルームへようこそ(9) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
ちーちゃんが男前すぎる~。明が抱えていた想い…納得。
花を引き立てるだけの額縁多々良ではなくなって、
感覚のままに本能のままに爆発させている。
二人とも化け物かw

読了日:11月23日 著者:竹内 友
ドメスティックな彼女(15) (講談社コミックス)ドメスティックな彼女(15) (講談社コミックス)感想
いよいよ大学生編。どこまで物語を繫げるのかな?
りっくんとももちゃんカップルは好きだわ~。お幸せに。
演劇部との関わり合いで作家としての才能を
更に開花させるのかな?
上手く行きすぎていると、少し不幸になれと思ってしまうw
ヒナ姉が地雷となるかな?
読了日:11月22日 著者:流石 景
約束のネバーランド 4 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 4 (ジャンプコミックス)感想
首筋ナンバーの法則見つけた~♪
何も動かないことも戦略。
でも、あれ?フィルが残ったのも作戦なのか??
読了日:11月22日 著者:出水 ぽすか
神様のバレー 14 (芳文社コミックス)神様のバレー 14 (芳文社コミックス)感想
双子ちゃんに感情移入しちゃった。バレーの試合で56点目って…凄まじい。準決勝はどの2チームが上がってくるのか。楽しみで仕方ない。
読了日:11月21日 著者:西崎泰正,渡辺ツルヤ
瑠璃宮夢幻古物店(6) (アクションコミックス(月刊アクション))瑠璃宮夢幻古物店(6) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
誰の心にも潜む想いを掬いあげてくれる古物たち。
メダルの話はそれが支えになるならアリ?なのかな??
グラスは久々にモヤっとしなくて爽やかだった。
弁当箱の愛情の押し付け合いは何だか思い当たりすぎて
痛々しかったけど、これもまたハッピーエンド?
だったのかな。
読了日:11月20日 著者:逢坂 八代
あさひなぐ 24 (ビッグコミックス)あさひなぐ 24 (ビッグコミックス)感想
熊本東…怖いわあ~。でもその厳しさが
心を体を強くするんだな。
夏合宿で後輩たちの葛藤も明らかに。
トドさんは…ズルい?のか?
読了日:11月19日 著者:こざき 亜衣
orange(6) -未来- (アクションコミックス(月刊アクション))orange(6) -未来- (アクションコミックス(月刊アクション))感想
続きが出るかもしれないと後書きにありましたが…
これ以上は蛇足。
どんな未来も個々が受け止めて生きていけばいい。
個人的には須和との未来がイイ。
読みたいと思えるのは萩田君とアズの話かなあ~?
読了日:11月19日 著者:高野 苺
ハピネス(6) (講談社コミックス)ハピネス(6) (講談社コミックス)感想
五所ちゃんは未だ一人で戦っていたのか…。
向き合わないと先に進めないと思っている。
好意を持ってくれる男性がいるのだから
幸せになって欲しいよ。
読了日:11月18日 著者:押見 修造
彼岸島 48日後…(12) (ヤンマガKCスペシャル)彼岸島 48日後…(12) (ヤンマガKCスペシャル)感想
今回も酷いwチビエロ金剛最低だわ…。女の恨みを買ってあっさりさよなら。そらそーなるだろ。
読了日:11月18日 著者:松本 光司
境界のRINNE 35 (少年サンデーコミックス)境界のRINNE 35 (少年サンデーコミックス)感想
家族旅行で苺ちゃん(母)とイチャイチャする鯖人(父)が何だか微笑ましい。傍目には単なるロリコンでしょうけどw桜ちゃんはモテるんだなあ~。ホント意外。
読了日:11月17日 著者:高橋 留美子
レインマン 4 (ビッグコミックススペシャル)レインマン 4 (ビッグコミックススペシャル)感想
秀吉もノアも雨人(レインマン)だった??ドンデモ話だけど、凄い発想力。並行世界で生きているJOJO「スティール・ボール・ラン」の大統領(D4C)も雨人ということになるなあ。
読了日:11月17日 著者:星野 之宣
秘密 season 0 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 season 0 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
タジクの悔しさは分かる。けど、こんなに歪んだ復讐へと向かうのは絶対違う。青木の優しさ強さがなければ薪さんも救われなかっただろう。これほど重いテーマに舞ちゃんという華を添えてくれる清水先生、素敵です。
読了日:11月16日 著者:清水玲子
賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(14) (ヤンマガKCスペシャル)賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(14) (ヤンマガKCスペシャル)感想
当然赤ライフ戦まで突入。リモコンを使ってしまっていた和也ももう後戻りできない状態。この後の展開で期待しているのは、和也も仲間に引き込めないかなあ~ということ。そろそろこのシリーズの決着を望む。
読了日:11月15日 著者:福本 伸行
賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(13): ヤンマガKCSP (ヤングマガジンコミックス)賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(13): ヤンマガKCSP (ヤングマガジンコミックス)感想
隠しボックスからの積み合い。up&downももはや意味なし。腹の探り合い。ココまで行ったら限界まで張るだけ。
読了日:11月15日 著者:福本伸行
フラジャイル(9) (アフタヌーンKC)フラジャイル(9) (アフタヌーンKC)感想
読むのが苦しかった。病理医になった経緯もさることながら、小児癌患者への告知はきつ過ぎる。自分のこどもがもし癌になったら…私自身が受け止められる自信がない。後悔したくないけど、難しいな。
読了日:11月14日 著者:恵 三朗
ぼくの輪廻 4 (フラワーコミックス)ぼくの輪廻 4 (フラワーコミックス)感想
あっこは強要されておっぱいを書いていたんですねww平安時代編突入で、更なる変態の世界へ。早く事を済ませてしまえばいいのになあ。くっつくかどうかはこの漫画に関してはどっちでもいい。
読了日:11月14日 著者:嶋木 あこ
波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンKC)感想
読む側もすんごいパワーがいる作品だなあと思う。琴欧州のブログチェックしてきますw取材旅行楽しみすぎる。
読了日:11月14日 著者:沙村 広明
ワンパンマン 14 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 14 (ジャンプコミックス)感想
スイリューですら絶体絶命の中、サイタマがワンパンチで解決。マジ反則ww大会も暇だったから来たみたいだけど、そんなユルイヒーローも良いね。
読了日:11月13日 著者:村田 雄介
BUNGO─ブンゴ─ 10 (ヤングジャンプコミックス)BUNGO─ブンゴ─ 10 (ヤングジャンプコミックス)感想
瑛太何で脱ぎながら告った??文吾にエースの座を狙われているけど、瑛太Mっぽいから興奮してそうだな…。真琴はモテモテ。大人たちは中学生の青田買いに夢中。天才河村は個人的に好きじゃないなあ。
読了日:11月13日 著者:二宮 裕次
BLUE GIANT SUPREME 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)BLUE GIANT SUPREME 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)感想
一人では限界もあるだろうし、フィーリングが合うメンバー探しをすることは世界に出ていく為にも必要不可欠。大が揺るがない精神力を身に付けて、ハンナも必ず仲間に出来ると確信している所が単なる自信家になっているわけじゃなくイイね。クリスも良い奴だけど、そういう人を惹きつける才能がある大も魅力的。

読了日:11月12日 著者:石塚 真一
思い、思われ、ふり、ふられ 6 (マーガレットコミックス)思い、思われ、ふり、ふられ 6 (マーガレットコミックス)感想
我妻くんがどこまで頑張れるかにかかってる気がするな。あかりは元カレがどう出るか?和くんは意外と手が早いことが判明w男の子だね~。キスにこなれているあかりちゃんにはそれでも気持ちが届いていないからハッキリ言葉で伝えないと。でも何だか簡単な四角関係に落ち着いてきちゃった。
読了日:11月12日 著者:咲坂 伊緒
37.5℃の涙 10 (フラワーコミックス)37.5℃の涙 10 (フラワーコミックス)感想
二人の関係進展なし。そこは残念だけどまあ小春ちゃんのこともあるし仕方ないかな。再婚によって新たな関係を築くのは簡単じゃないかもしれないけど、守るべき目標があれば結束できるのが家族かな。保育士のママは仕事と子育てで大変だけど休むのもアリだよね。絵がイマイチなのは前からだけど今回は特に目についてしまった…。顔の輪郭が…何か…。
読了日:11月11日 著者:椎名 チカ
ギフト±(3) (ニチブンコミックス)ギフト±(3) (ニチブンコミックス)感想
タカシとの関係性がまさかの身内?でも謎は増す。刑事の加藤&リュウはなかなか危ないキャラだけど、悪役も光っててイイ。阿藤さん頑張って欲しい。
読了日:11月11日 著者:ナガテ ユカ
土竜(モグラ)の唄 14 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 14 (ヤングサンデーコミックス)感想
飛べなくなったパピヨン。でもそんなんで終わらないって確信がある。玲二はSになったけど、複雑な立場になってきたなあ~。
読了日:11月10日 著者:高橋 のぼる
土竜(モグラ)の唄 13 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 13 (ヤングサンデーコミックス)感想
このままじゃ死ねない=男になる。ってのは単純な様でいて、なかなかロマンティックだった。1冊ほぼ二人の情事だったんで、何か…若いってイイねw
読了日:11月10日 著者:高橋 のぼる
傘寿まり子(4) (KCデラックス BE LOVE)傘寿まり子(4) (KCデラックス BE LOVE)感想
ゲーム仲間のおばあちゃんとの交流は良いね。雑誌自体が休刊の危機になって、まり子は作品発表の場をネットで模索。今の時代、往年の作家さんも厳しいだろうし自然な流れかもしれない。進むことを辞めないまり子は最終的にどこへ向かうのかな。
読了日:11月09日 著者:おざわ ゆき
監獄学園(26) (ヤンマガKCスペシャル)監獄学園(26) (ヤンマガKCスペシャル)感想
ビッチ先輩真面目に三国志勉強するとか意外とウブな面もある??みつ子は結構気が強かったんだな。今回は花ちゃんが可愛かった。うっかり告白してしまったけど、BBQパーティーで千代ちゃんとキヨシが付き合うことになったらどう出るのか??
読了日:11月09日 著者:平本 アキラ
椿町ロンリープラネット 8 (マーガレットコミックス)椿町ロンリープラネット 8 (マーガレットコミックス)感想
暁とふみは両想いになったし、もう物語的には終わりに向かってもいい所だけど…少女漫画お決まりの面倒くさいライバルがまたまた出てきたなあ。相生くん&洋ちゃんたちの動向の方が今後は気になるかな。
読了日:11月09日 著者:やまもり 三香
コウノドリ(19) (モーニング KC)コウノドリ(19) (モーニング KC)感想
妊娠出産は病気ではない。でもやっぱり小さな命を抱えて生きるママはいつだって不安と戦っている。診断を誤った白川先生だって医療ミスとは言えないけど、当事者の両親からすれば許せないだろうし分かり合えないものだろうな。
羊水塞栓症は怖かった…。武田は助かってホントにホントに良かったよ。
読了日:11月09日 著者:鈴ノ木 ユウ
ライアー×ライアー(10) (KC デザート)ライアー×ライアー(10) (KC デザート)感想
両親に打ち明けてからの結婚までの流れがあっという間だなあ。幸せ過ぎても死ななくて良かったねw周りのキャラたちもその後順調に人生を歩んでいるようで良かった。やっぱり烏丸くんだけがまだトゲが刺さってる感じかな。
読了日:11月08日 著者:金田一 蓮十郎
君の膵臓をたべたい(下) (アクションコミックス(月刊アクション))君の膵臓をたべたい(下) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
確実に来る死に向き合うには時間はさほど大事じゃないのかもしれない。情を通わせることの意味を知る。友達ですらなかった二人が距離を縮め、互いを必要とし合う。予想外の別れとなったけど、生きるとは行動の選択だと多くの読者に伝える作品だったと思う。君の膵臓が食べたいは最上級の愛の証。
読了日:11月08日 著者:桐原 いづみ,住野 よる
僕のヒーローアカデミア 15 (ジャンプコミックス)僕のヒーローアカデミア 15 (ジャンプコミックス)感想
確実にプロへの道を歩みだそうとしている。オールマイトの穴を埋めようとする。でもでも、キャラが多い分場が混乱しそうな気もするけど…。エリちゃんはホントの娘なのかな??
読了日:11月08日 著者:堀越 耕平
僕のヒーローアカデミア 14 (ジャンプコミックス)僕のヒーローアカデミア 14 (ジャンプコミックス)感想
かっちゃん人気投票1位。何か嬉しいね。オールマイトの後継者候補だったミリオ。余計なものをそげ落とした風貌…なかなか良いね。ビッグ3好きです。
読了日:11月08日 著者:堀越 耕平
僕のヒーローアカデミア 13 (ジャンプコミックス)僕のヒーローアカデミア 13 (ジャンプコミックス)感想
優秀な二人が不合格とは。才能だけじゃなくいかに周りと共闘するか・能力を生かすかが大事。でも他と比べて劣っている訳じゃないし終わりでもない。かっちゃんの葛藤とガチで向き合うデク。熱いね。
読了日:11月07日 著者:堀越 耕平
僕のヒーローアカデミア 12 (ジャンプコミックス)僕のヒーローアカデミア 12 (ジャンプコミックス)感想
仮免試験巻。麗日ちゃん、恋してますなあ~。青山はダメダメな自分を分かってて、何気に周りを引き立てる良い奴なんだな。雄英全員1次通過とは上手く出来すぎ感があるけど、次も楽しみ。
読了日:11月07日 著者:堀越 耕平
AIの遺電子 07 (少年チャンピオン・コミックス)AIの遺電子 07 (少年チャンピオン・コミックス)感想
古き良きモノ・コトを大事に出来る時代であって欲しいと思った。新しさを追求することも大事ではあるけど。「幸福の最大化」は妙にリアリティあって、悩ましい人も多いんじゃないかな。何が幸せなのか。それは自分で見つけるしかないね。ライバルの医師はあまりキャラが立っていないように感じる。
読了日:11月07日 著者:山田胡瓜
AIの遺電子 6 (少年チャンピオン・コミックス)AIの遺電子 6 (少年チャンピオン・コミックス)感想
相手を思いやること。それはどんだけ技術が発達しても失くしてはいけない機能だね。無駄だと思うことをやり続けられる才能は人間ならではの良さ。欠陥があっても愛さえあればいいの。
読了日:11月07日 著者:山田胡瓜
アサギロ~浅葱狼~ 11 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アサギロ~浅葱狼~ 11 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
騙し騙されの攻防。清河の影武者の男…哀れ。救いがないなあ~。士道とはなにか。無慈悲だな。
読了日:11月06日 著者:ヒラマツ ミノル
アサギロ~浅葱狼~ 10 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アサギロ~浅葱狼~ 10 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
これからの歴史を考えるとかなりスローテンポ。ようやく京都へ。長かった…。竜馬は後ろ姿だけ。勿体ぶるなあ~。
読了日:11月06日 著者:ヒラマツ ミノル
嘘喰い 37 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 37 (ヤングジャンプコミックス)感想
ついに三国統一戦終了。完全に詰んだと思った貘だったけど、「31日」の時点で皇帝になっていることが条件だったことを見越しての逆転勝利…でいいんだよね。まだまだラロが何か策を打ってきそうではある。それにしても今回はのぶ子の「すったもんだ=吸った・揉んだ」にやられたwwおっぱい…男性陣はどっちから行く派が多いんだろう。
読了日:11月05日 著者:迫 稔雄
BUNGO─ブンゴ─ 9 (ヤングジャンプコミックス)BUNGO─ブンゴ─ 9 (ヤングジャンプコミックス)感想
瑛太くん何か…ビックンビックンって…。すっかりエロい感じになって。真琴に迫りそうな勢いだな。一方の真琴は2年経って、すっかり文吾に惚れてしまったようで乙女全開。珠希はライバルとしていいスパイスになるのかな。
読了日:11月04日 著者:二宮 裕次
FAIRY TAIL(62) (講談社コミックス)FAIRY TAIL(62) (講談社コミックス)感想
ゼレフとの最後の闘い。死ぬことが救いとは。でもそろそろ生に対して解放されたいのかもな。一夜はホント男前ww
読了日:11月04日 著者:真島 ヒロ
ドロヘドロ 22 (BIC COMICS IKKI)ドロヘドロ 22 (BIC COMICS IKKI)感想
「泥だ。泥全体から憎しみの力を感じる。」人間・魔法使い・悪魔。異なるものへは理解しようがないけど、この連鎖はいつまで続くのかな。ニカイドウは悪魔の力…消失したのだろうか?昔に戻れたのか?そもそも戻れるものじゃないのか?カイマンは魔法使いに??次巻読む頃にはまた内容わすれていそう…。
読了日:11月03日 著者:林田 球
ハイキュー!! 26 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 26 (ジャンプコミックス)感想
練習試合が思いのほか長くてダレた…が、潔子さん表紙良いね。自分も春高へ向かう選手のつもりで一緒に戦う姿勢は素晴らしい。
読了日:11月02日 著者:古舘 春一
ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス)感想
春高までの土台作りが大切なのはわかる。でもでも何かじれったい。早く春高カモン。
読了日:11月02日 著者:古舘 春一
七つの大罪(25) (講談社コミックス)七つの大罪(25) (講談社コミックス)感想
キングとディアンヌの関係性良いね。入れ替わって試練を乗り越えるのは面白い展開だったけど…女神族からのくだり…全然読み進められなくて3日かかった。。正直言って私的には後半つまんなくてシンドかった。
読了日:11月01日 著者:鈴木 央
BE BLUES!~青になれ~ 28 (少年サンデーコミックス)BE BLUES!~青になれ~ 28 (少年サンデーコミックス)感想
桜庭の俺様サッカーはどんだけ迷惑かけるんだ…。コレで決めなければいくら技術が凄くても存在意義ないんじゃ?龍はフリーになれなくて苦しんでいるけど、もっと先に行くには超えないといけない領域があるよね。先制点を許して残り20分切ったけどミラクル起こして。
読了日:11月01日 著者:田中 モトユキ

読書メーター
Posted by こっこ   0 comments   0 trackback

10月に読んだ漫画

10月の読書メーター
読んだ本の数:50
読んだページ数:8340
ナイス数:231

とりかえ・ばや 12 (フラワーコミックスアルファ)とりかえ・ばや 12 (フラワーコミックスアルファ)感想
睡蓮が男らしくなってきた。沙羅も主上への恋心を隠さなくなって、いよいよ結ばれる日も近そう。取り替えた「嘘」に対し、どう罰せられるのか…。甘い罰な予感。銀覚&幻覚はもういいよ…。
読了日:10月31日 著者:さいとう ちほ
第3のギデオン 6 (ビッグコミックス)第3のギデオン 6 (ビッグコミックス)感想
元妻が出てくることはないとどこかで決めつけていたけど、こういう形で登場するとは。ルイ16世も二人の女に翻弄されて大変だ。フェルゼンが凄いスケベ男風でウケる。男女の仲とは分からんもんだな。ジョルジュも救われて欲しい。子供だけど、ソランジュがその相手でもいい気がしてきた。
読了日:10月31日 著者:乃木坂 太郎
BTOOOM! 24 (BUNCH COMICS)BTOOOM! 24 (BUNCH COMICS)感想
上杉まだまだ頑張るなあ。ここからは特にチームプレイが重要になってくるということかな。織田も早く合流出来たら良いんだろうけど。
読了日:10月30日 著者:井上 淳哉
白暮のクロニクル 5 (ビッグコミックス)白暮のクロニクル 5 (ビッグコミックス)感想
章太の存在が今度のカギになりそうだな。伏木さんには真相を話しても良い気がするけど。イッタ先輩は…ホントに良い人なのかな…。ちょっと疑わしい。
読了日:10月30日 著者:ゆうき まさみ
土竜(モグラ)の唄 12 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 12 (ヤングサンデーコミックス)感想
パンダパンツどこで売ってんの?じゃじゃ馬処女婦警桃川もパピヨンには勝てない。久々にリアルにヤバい感じで終わってしまったんだけど…パピヨンどうなっちゃうんだ…。
読了日:10月29日 著者:高橋 のぼる
土竜(モグラ)の唄 11 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 11 (ヤングサンデーコミックス)感想
サウナからの猫採り檻で真下にはキャンプファイヤー。玲二のピンチにもみんなでマイムマイム。奇怪な地獄絵図w
読了日:10月28日 著者:高橋 のぼる,柳沢 智夫
土竜(モグラ)の唄 10 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 10 (ヤングサンデーコミックス)感想
クロケンを助けたことで吉と出るか凶と出るか。でも面白い奴だから惜しいというのも分かる。外伝のパピヨン物語は面白かったけど切なすぎるなあ。
読了日:10月28日 著者:高橋 のぼる,柳沢 智夫
土竜の唄 9 (ヤングサンデーコミックス)土竜の唄 9 (ヤングサンデーコミックス)感想
【登録漏れ】パピヨン…人情に厚い男だ。玲二は…盃食うなよw
ま、根っこはやっぱ刑事だから、フツーに飲むわけには
いかないんかな?
読了日:10月27日 著者:高橋 のぼる,柳沢 智夫
土竜の唄 8 (ヤングサンデーコミックス)土竜の唄 8 (ヤングサンデーコミックス)感想
【登録漏れ】やくざは喧嘩する理由を常に探してる。パピヨンは何でも出来るんだなあ。何でやくざやってるんだろ?
読了日:10月27日 著者:高橋 のぼる,柳沢 智夫
花のち晴れ ~花男 Next Season~ 7 (ジャンプコミックス)花のち晴れ ~花男 Next Season~ 7 (ジャンプコミックス)感想
西門さんカッコイイね。天馬君がこんな簡単に精神的にダメになるなんて。お決まりの傷害事件が発生したし、彼を支えてあげるのも一つの道な気もしてきた。でもまあもちろん晴がイイとは思うけど。ストーリーが王道過ぎる王道なんで、新鮮味はないけど、読み続けられる作品。
読了日:10月27日 著者:神尾 葉子
さよなら私のクラマー(3) (講談社コミックス月刊マガジン)さよなら私のクラマー(3) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
個性のぶつかり合い。ホントに敵味方関係なく女子楽しそうだなあ~。準優勝でも賞金3万円って…オイシイ大会だ♪
読了日:10月26日 著者:新川 直司
天空侵犯(13) (KCデラックス 週刊少年マガジン)天空侵犯(13) (KCデラックス 週刊少年マガジン)感想
お兄ちゃんが今のところ「お荷物」でしかない気が。コードを見てしまったお兄ちゃんが、どう変化するのか?相川から抗って欲しいけど。吉田チームのパパはやっぱり裏切ったなあ。預言者は信用しすぎないに限る。
読了日:10月25日 著者:大羽 隆廣
伝説の勇者の婚活 4 (ジャンプコミックス)伝説の勇者の婚活 4 (ジャンプコミックス)感想
作者にもっと力があれば違う形もあったんじゃないかなと感じる。思っていた以上に話が膨らまず、微妙なありきたりEND。面白かったんだけど、マホちゃんへの感情移入はアリだけど…何だろうな。佳作。
読了日:10月25日 著者:中村 尚儁
ACMA:GAME(10) (講談社コミックス)ACMA:GAME(10) (講談社コミックス)感想
箸休め巻かな?ここまで露骨なヒロイン対決やるとは思わなかった。でも照朝…彩と結婚したいと思っていたんだな…ちょっと意外wそして…小百合が一番怖いwww巻末のラブゲームは何なのw??
読了日:10月24日 著者:恵 広史
ACMA:GAME(9) (講談社コミックス)ACMA:GAME(9) (講談社コミックス)感想
単純なゲームかと思いきや、スイッチと銃を交換して複雑化。相手の思考を支配していると、安パイだと踏んでいるととんだ地雷がある。でもユッキーは頑張った。二回も家族が捕まるとかアホすぎるwwとは思ったけど…。
読了日:10月23日 著者:恵 広史
花に染む 8 (クイーンズコミックス)花に染む 8 (クイーンズコミックス)感想
【登録漏れ】「駅から5分」からの連作もこれで最終巻。大会も大詰め。花乃が夢見ていた陽大の理想の姿にまさか姫がたどり着いていたというのは何だか切ない。雛さんの恋の行方も気になる処だけど、余韻を残すのがくらもち先生流ですな。
読了日:10月23日 著者:くらもち ふさこ
花に染む 7 (クイーンズコミックス)花に染む 7 (クイーンズコミックス)感想
【登録漏れ】姫はブレないなあ。「やっと私を見てくれた」と涙した彼女の純粋で鈍感に見えて聡い所が陽大の冷えた心を動かした。花乃目線で読んでいたのでその点では少し辛いけど、聖域である三人立ちを陽大が回避してくれたことは救いだったと思う。
読了日:10月22日 著者:くらもち ふさこ
ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)感想
【登録漏れ】トーデン兄妹のいるメインパーティー以外の冒険者たちも集結。ファリンはやはりまともな状態にはならなかった様子。飯は…美味しそうではないけど、ドライアドはいい香りがしそうだよね。私は食べないけど。
読了日:10月21日 著者:九井 諒子
ジョジョリオン 16 (ジャンプコミックス)ジョジョリオン 16 (ジャンプコミックス)感想
【登録漏れ】東方家の過去が暴かれたけど、常敏の行動は全体像が明らかにされないと見えてこないんだろうな。植物鑑定人はリフトの上に住んでいるんだな。何だか楽しそう。4部の鉄塔の上に住んでいた男と親戚かなんかだろうかww
読了日:10月21日 著者:荒木 飛呂彦
ACMA:GAME(8) (講談社コミックス)ACMA:GAME(8) (講談社コミックス)感想
マルコが立派になったなあ。ルールはきちんと確認しとかないとだよね。ギャンブルの基本。紫の妹ちゃんとイイ感じ?春到来か?アイドルルートも攻略しちゃった照朝…彼を落とすのはなかなかシンドそう。
読了日:10月20日 著者:恵 広史
秘密 season 0 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 season 0 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
気になるところで次巻へ…なのね(涙)
薪さんを制御出来る女性は現れないもんかね…。
「肉」を食べるのが怖くなってきた。
「動物」を殺す立場の人がいること。
有難く思って口にしよう。
読了日:10月20日 著者:清水玲子
進撃の巨人(23) (講談社コミックス)進撃の巨人(23) (講談社コミックス)感想
正義は双方にあり。弱さを強さに変えて皆戦っている。ライナーは敵の内情を知っているだけに複雑だろう。世界の全体像が見えてきて読むのが疲れるのが難点。
読了日:10月19日 著者:諫山 創
天空侵犯(12) (KCデラックス 週刊少年マガジン)天空侵犯(12) (KCデラックス 週刊少年マガジン)感想
口から拳銃弾って…スナイパー仮面どんな裏技伝授してんだw大天使は仲間になった。預言者とはどんな人物だろう。
読了日:10月19日 著者:大羽 隆廣
天空侵犯(11) (KCデラックス 週刊少年マガジン)天空侵犯(11) (KCデラックス 週刊少年マガジン)感想
大天使の覚醒。何だかヤバい感じだけど、ゆりなら何とかしちゃうだろう。この作品、緊迫感はそんなにないんだよな。表紙の兄ちゃん+スナイパー仮面好き。
読了日:10月18日 著者:大羽 隆廣
賭ケグルイ(2) (ガンガンコミックスJOKER)賭ケグルイ(2) (ガンガンコミックスJOKER)感想
人生計画表で残りの長い人生決められたら人格崩壊しちゃうよ~。そしてやっぱりミケになったらエロいことも要求されるわけだけど、夢子は処女じゃないんかな?メアリと「お友達」になって、何だかイイ感じ?
読了日:10月18日 著者:河本ほむら
少女ファイト(14) (KCデラックス イブニング)少女ファイト(14) (KCデラックス イブニング)感想
黒い思惑が入り乱れて、春高バレーとは思えない。罠にハマらず撃破して欲しいな。一筋縄でいかない恋を抱える女の子たちは皆強い。厚子の本心が気になる所。
読了日:10月18日 著者:日本橋 ヨヲコ
早乙女選手、ひたかくす 3 (ビッグコミックス)早乙女選手、ひたかくす 3 (ビッグコミックス)感想
水口先生作品なら、もう少しギャグ要素がある方が好みなんだけど、オトメちゃんが良いキャラなのでまあいいか。次巻はスポーツ漫画っぽくなりそう。
読了日:10月17日 著者:水口 尚樹
かくしごと(4) (KCデラックス 月刊少年マガジン)かくしごと(4) (KCデラックス 月刊少年マガジン)感想
久米田先生、ジジイになってもキレキレ。何にも事件が起こらないフツーの漫画。マンガに疲れてくる世代にはそれもいい。確かにスポーツ漫画はアリだけど、エロ・萌え系は好きとは言いにくい。皆何かしら隠して生きてるw犬の十戒は泣く。有名作品をもじった各タイトル、凝ってて良いなあ。
読了日:10月17日 著者:久米田 康治
響~小説家になる方法~ 7 (BIG COMIC SUPERIOR)響~小説家になる方法~ 7 (BIG COMIC SUPERIOR)感想
響ちゃん怖いものなし。でも5割で仕事されたら怒って当然。コミケのシャッター前とかそんな話どうでもいいし。絵が下手だけど面白いから、それもどうでもよくなる。
読了日:10月17日 著者:柳本 光晴
キングダム 47 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 47 (ヤングジャンプコミックス)感想
楊端和カッコイイな。テンと仁…顔だけ見ると同じに見える(頭で判断してるけど)王翦将軍の意図が次巻で見えてくると思うとワクワクするなあ。
読了日:10月16日 著者:原 泰久
DAYS(23) (講談社コミックス)DAYS(23) (講談社コミックス)感想
恥ずかしくない自分になりたい。来須の言葉に、逃げたがっていたつくしの意識がようやく変わる。予感はあるのになかなかゴールをこじ開けられない。劣勢だけど気持ちでは負けていないから、きっとこの状況を変えてくれると信じてる。
ところでこの巻のMVPは速瀬先輩だと思うんだけど、表紙を飾る日は来ないのかな。
読了日:10月16日 著者:安田 剛士
暁のヨナ 24 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 24 (花とゆめCOMICS)感想
コウレン姫はもう分かっているはず。平和的解決は見えてきている。真国編に入ってからスピードが落ちず面白い。ハクは手を出されちゃいましたな。アレで恋人じゃないとか…何と残酷w
読了日:10月15日 著者:草凪みずほ
7SEEDS 35 (フラワーコミックスアルファ)7SEEDS 35 (フラワーコミックスアルファ)感想
何度も読み返した最終巻。それぞれのキャラが今出来ることに向き合って傷ついて、そして笑い合って。花と嵐がようやく出会えて、恋の芽があちこちで咲きそうな気配もありつつで大団円。番外編ももちろん読みます。全巻買おうかな。
読了日:10月14日 著者:田村 由美
先生の白い嘘(6) (モーニング KC)先生の白い嘘(6) (モーニング KC)感想
早藤を許せる気になった美鈴先生。今だ自分と向き合えない早藤。早藤の闇に触れずおバカな愛され女子で居たい賢い美奈子。早藤の呪縛からようやく逃げた玲菜。何だ何だ。結局この作品早藤が主役か…。
読了日:10月13日 著者:鳥飼 茜
たそがれたかこ(10) (KCデラックス BE LOVE)たそがれたかこ(10) (KCデラックス BE LOVE)感想
最終巻。たかこ…オーミに告るとは思わなかったな。
一花も少しずつ自分の居場所を見つけて
人生を歩み始めた。
全てが順調にはいかないけど、
「これで~いいのダ~」。
私も毎日「恋の中」に居たい。

読了日:10月12日 著者:入江 喜和
銀の匙 Silver Spoon 14 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 14 (少年サンデーコミックス)感想
八軒くん、頑張ってるなあ~。出会いが人を成長させるっていうのがこの作品で良く分かる。御影の大学合格&お付き合い開始と微笑ましい展開となって心が温かくなった。
ただただ八軒くんの苦難はまだまだ続くようで…どこまでも
応援したくなる。
読了日:10月11日 著者:荒川 弘
高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)感想
これで最終巻かあ~。
和正君のその後が凄く気になるよ~(涙)
光正さんのわっそい姿見たかったw

読了日:10月10日 著者:森本 梢子
プリンセスメゾン 4 (ビッグコミックス)プリンセスメゾン 4 (ビッグコミックス)感想
手に入れてからが本番。決断の連続。城を築き守っていく為に何十年と働き、自分自身と向き合っていく。
沼ちゃんは偉い。凄い。欲しい物を手に入れて失う物もあるかもしれない。妥協することも必要かもしれない。でも自分らしく生きていきたいなと勇気づけられる。
読了日:10月09日 著者:池辺 葵
ギフト±(2) (ニチブンコミックス)ギフト±(2) (ニチブンコミックス)感想
主要人物の関係性が明らかになって、面白くなってきた。
目を背けたくなる描写の連続ではあるけど。
悪と正義の単純な構図ではなく、誰もが壊れてて危うい。
読了日:10月08日 著者:ナガテ ユカ
ちはやふる(35) (BE LOVE KC)ちはやふる(35) (BE LOVE KC)感想
いくつになっても情熱が老いることはなく、
真摯に向き合える先生方、やっぱり素敵だなあ~。
理音との戦いも楽しみ。

読了日:10月07日 著者:末次 由紀
夢の雫、黄金の鳥籠 10 (フラワーコミックスアルファ)夢の雫、黄金の鳥籠 10 (フラワーコミックスアルファ)感想
イブラヒムとの確執の始まり。あんなに愛し合ったのに後悔する日が来るなんて皮肉。不思議とギュルバハル夫人が最近好きになってきた。
読了日:10月06日 著者:篠原 千絵
奈落の羊(5) (アクションコミックス)奈落の羊(5) (アクションコミックス)感想
小学生も今や動画配信するのはフツーの時代。
うちの子たちもユーチューバー大好き。
見えないからこそ何でも話せたりしてしまうけど、
闇は深く危険。
まりんちゃんが輪に加わって、更に
厄介な方向へ行ってしまって怖い。
読了日:10月06日 著者:きづき あきら,サトウ ナンキ
傘寿まり子(3) (KCデラックス BE LOVE)傘寿まり子(3) (KCデラックス BE LOVE)感想
八百坂さんとの短い恋は覚悟が足りなかったのかもしれない。別れのチューまではいらなかった。勝手に人の家に侵入したら犯罪。相変わらずネットカフェの使い方も酷くてガッカリする。出禁になったのに賄賂渡して猫持ち込みでシャワー使ったりとかヤメてよ…。まり子さんの自分勝手な行動が嫌い。ただゲームの世界に同士を見つける展開は面白い。
読了日:10月05日 著者:おざわ ゆき
レディ&オールドマン 3 (ヤングジャンプコミックス)レディ&オールドマン 3 (ヤングジャンプコミックス)感想
誰が嘘つきなのか。全員嘘つきなのか。話がまったく見えない出し惜しみ感が強いので、そろそろ大きな変化が欲しい。
読了日:10月05日 著者:オノ・ナツメ
プラチナエンド 6 (ジャンプコミックス)プラチナエンド 6 (ジャンプコミックス)感想
2日間も飛び回るとかキツ過ぎる。はじめ君が味方になったのはいいけど、可哀そうな立ち位置であることに変わりはない。メトロポリタンの奏は肝心なところでまた逃げるのだろうな。腹立つが悪役としては良い味だしてる。急にメンバーが増え、一気に神候補が減って物語が加速しそうで面白い。明日くんは成長したなあ。
読了日:10月04日 著者:小畑 健
嘘喰い 36 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 36 (ヤングジャンプコミックス)感想
まさかまさか…伽羅さんが亡くなるなんて。悲しすぎる。子供たちがよく遊んでいるけど、ハンドチョッパーってゲーム名だったとこの作品で知ることになるとは…。これもまさかまさかの勝ち方。規格外すぎる。さて、のぶこをどう攻略するのか。楽しみ。
読了日:10月03日 著者:迫 稔雄
コウノドリ(18) (モーニング KC)コウノドリ(18) (モーニング KC)感想
稽留流産は体験したことがあり、当時の自分の不安な気持ちが思い出される。不育症に関してもかなり調べまくって答えが出ない日々を過ごした。コウノトリ先生みたいに寄り添ってくれる先生が居てくれたら良かったな。聴覚障害の方にも産声を聞かせてあげたいと願う心が優しく温かい。
読了日:10月02日 著者:鈴ノ木 ユウ
うどんの国の金色毛鞠 9 (BUNCH COMICS)うどんの国の金色毛鞠 9 (BUNCH COMICS)感想
誕生日のエピソードで何だかちょっと熱が冷めた。ううーん…何でか分からない。ぽこが可愛いのは分かるけど、保育園の手続きって現実はそんな簡単なもんじゃないけどな。その辺のリアルな問題は置いておくとして、狸伝説に関しては面白いんでもっと掘り下げて描いて欲しい。
読了日:10月02日 著者:篠丸のどか
ACMA:GAME(7) (講談社コミックス)ACMA:GAME(7) (講談社コミックス)感想
【編集更新】もう少しゲームに深みがあると面白いけど、少年漫画だし疲れず読むにはちょうどいいのかな。紫は思っていたよりも大したことなかったな。女で動揺する照朝も見てみたい気がする。
読了日:10月01日 著者:恵 広史
恋は雨上がりのように 8 (ビッグコミックス)恋は雨上がりのように 8 (ビッグコミックス)感想
自覚した恋は避けることでしか想いを隠せないまでになっている。学生かっ!って思うけど、いくつになっても想定外の恋には戸惑うもの。ゆいちゃんがフラれるとは思わなかった。吉澤くん…気持ち動いてませんでしたっけ???
読了日:10月01日 著者:眉月 じゅん

読書メーター
Posted by こっこ   0 comments   0 trackback

9月に読んだ漫画

9月の読書メーター
読んだ本の数:59
読んだページ数:9486
ナイス数:247

ギフト±(1) (ニチブンコミックス)ギフト±(1) (ニチブンコミックス)感想
命の有効活用。法的にはアウトだけど、どうやっても更生されない人間は死刑よりもこういう手段もある?と考えさせられる。もちろん倫理の問題でNGなんですが。タカシと環の関係が気になる。何でこうなったんだろう。
読了日:09月30日 著者:ナガテ ユカ
君に届け 29 (マーガレットコミックス)君に届け 29 (マーガレットコミックス)感想
何だかんだであやねちゃん3年間ピンにチョコあげていたのか。無意識下で惹かれていたんだろうな。フラれてしまったけど、卒業したら終わりという訳じゃない。頑張れ。次回最終巻。きっと皆合格で笑顔が見れるだろう…と思う。
読了日:09月30日 著者:椎名 軽穂
AIの遺電子 05 (少年チャンピオン・コミックス)AIの遺電子 05 (少年チャンピオン・コミックス)感想
人間・ヒューマノイド・ロボット。それぞれの領域=住み分けはあるけど、いつかは別れがやってくる。変わらないで欲しいと願っても、形あるものは変わっていく。でも悲しい別ればかりじゃないから、この作品は優しい。
読了日:09月29日 著者:山田胡瓜
そこをなんとか 13 (花とゆめコミックス)そこをなんとか 13 (花とゆめコミックス)感想
赤星君が可愛すぎる。自分の気持ち確認するために東海林先生に会ったらっこちゃん…本当は…。でも私としては赤星くん派なので気づかずこのまま行って欲しい気もする。
読了日:09月29日 著者:麻生みこと
アサギロ~浅葱狼~ 9 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アサギロ~浅葱狼~ 9 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
沖田総司にはスポットがあまり当たらない巻だったけど、癖のある役者がドンドン集結。この巻から以蔵が出てきた。逃げ場のない厳しい闘いを強いられるのだろうな。
読了日:09月28日 著者:ヒラマツ ミノル
GIANT KILLING(44) (モーニング KC)GIANT KILLING(44) (モーニング KC)感想
モチベーションって大事。世良&石神が決めてくれて最高潮に盛り上がる!達海も自分のカリスマ性をよく理解してて使える「武器」は全部味方にしてしまう強かさがあるなあ。心配なのは敵ながら持田の状態。怖いよ…。
読了日:09月28日 著者:ツジトモ,綱本 将也
町田くんの世界 5 (マーガレットコミックス)町田くんの世界 5 (マーガレットコミックス)感想
表紙の愛おしそうにしているリュックはパパの代からの物だったんだなあ~。物持ち良すぎ!生まれてくるだけで充分という言葉に救われる子はきっと多いだろう。価値のない子なんて居ないよね。
読了日:09月27日 著者:安藤 ゆき
かくしごと(3) (KCデラックス 月刊少年マガジン)かくしごと(3) (KCデラックス 月刊少年マガジン)感想
行く勇気が出なくてお母さんに久米田先生のサイン会並んでもらってるファンとかウケるw全てにおいて「〇〇させていただいてる」の精神は必要だよなあ~。未来の姫ちゃんは独りになってしまったのかな?
読了日:09月27日 著者:久米田 康治
天空侵犯(10) (KCデラックス 週刊少年マガジン)天空侵犯(10) (KCデラックス 週刊少年マガジン)感想
スナイパー仮面の素顔が見たい。ブラコンの主人公でさえときめくイケメンとはハードル上げてきたなwさて、大天使とはどんな奴なのか??
読了日:09月26日 著者:大羽 隆廣
天空侵犯(9) (KCデラックス 週刊少年マガジン)天空侵犯(9) (KCデラックス 週刊少年マガジン)感想
アノカタは一見フツーに見える青年だったけど、やっぱり歪んでた。スナイパー仮面がスマホの使い方分からないシーンは可愛くて良かったw皆がスナイパー仮面に惚れてしまいそうだな。
読了日:09月26日 著者:大羽 隆廣
天空侵犯(8) (KCデラックス 週刊少年マガジン)天空侵犯(8) (KCデラックス 週刊少年マガジン)感想
丸太を持ったオードリー春日(仮面)が居た(笑)「このパンツは本城さん」って…ニセちゃんww百合漫画でありブラコン漫画でもあり、偏愛が止まらない。
読了日:09月26日 著者:大羽 隆廣
今際の路のアリス 5 (サンデーGXコミックス)今際の路のアリス 5 (サンデーGXコミックス)感想
キーナが何を隠しているのか謎だけど、モロとアリスはいい感じ。久喜は常にテント張ってるのかな…。こんなジジイ嫌だわ。出来ればキマリが味方になってくれるといいんだけど無理かね?そろそろトミーさんの動向も気になる。
読了日:09月25日 著者:
ファイアパンチ 6 (ジャンプコミックス)ファイアパンチ 6 (ジャンプコミックス)感想
嘘つき変態野郎が加速。自己防衛本能なんだろうな。ここから更に偽りのヒーローになるのか…。どんだけ荊の道を突き進むんだ。
読了日:09月25日 著者:藤本 タツキ
古見さんは、コミュ症です。 5 (少年サンデーコミックス)古見さんは、コミュ症です。 5 (少年サンデーコミックス)感想
言うほど美少女に見えなくなってきた古見さん。何だかんだ言ってフツーの恋する女の子なんだよね。文化祭で皆と距離が縮まって、只野君も古見さんにドキッとしてしまったりと色々変化のあった巻だった。
読了日:09月25日 著者:オダ トモヒト
甘々と稲妻(9) (アフタヌーンKC)甘々と稲妻(9) (アフタヌーンKC)感想
子供の初恋が気になる頃なのかなあ?犬塚先生自身も再婚というキーワードに敏感だったりと、心揺れる場面が今回多かった印象。初期に比べると、料理の工程自体は簡単なんだけど、材料揃えるのが困難になってきた様に感じる。カネロ二…探すの苦労しそうでマネできん。あと、肉じゃがはすき焼きのたれで煮込めば終わりだけど…それだとズボラ飯になるか…。
読了日:09月24日 著者:雨隠 ギド
からかい上手の高木さん 6 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)からかい上手の高木さん 6 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)感想
終始赤面状態の西片くん。好きと認めてしまえば高木さんに勝てるのにね。中井くんは…このまま行くんだろうか?おばさん心配だよ。
読了日:09月24日 著者:山本 崇一朗
うどんの国の金色毛鞠  8 (BUNCH COMICS)うどんの国の金色毛鞠 8 (BUNCH COMICS)感想
ダニーとの交流とコミュニケーションの大切さ。島で生きていく人々の日常に触れるということはそういうことなのかもしれない。食べ物や土地、そして人柄に触れ、初めて「いい所ですね」と言えるのだろう。
読了日:09月24日 著者:篠丸 のどか
ダンス・ダンス・ダンスール 6 (ビッグコミックス)ダンス・ダンス・ダンスール 6 (ビッグコミックス)感想
都や流鶯とは距離を置いているのが悲しいような必然なような。潤平は変態=天才すぎる。自分の悪しき部分も素直に受け入れてドンドン前へ進んでしまってる。夏姫も都もついていけない感覚に陥るのは当然かもしれない。兵ちゃん…真剣な者の足を引っ張らないで欲しいよ…。



読了日:09月23日 著者:ジョージ朝倉
私の少年(3) (アクションコミックス(月刊アクション))私の少年(3) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
いつか来ると思ってはいた。でもこんな形で幸せな時間を奪われるとは…。忘れたくても忘れられない。父親は自分がしないことを時間がない・出来ないと言い訳してきたんだろう。気まぐれで父親演じたものの、子供の初めてに遭遇出来なかったことにショック受けるとか…何なのさ。年の差の恋には発展しないのだろうけど、真修はどこまで成長するんだろう。
読了日:09月23日 著者:高野 ひと深
食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤンマガKCスペシャル)食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤンマガKCスペシャル)感想
ナツネの秘密が明らかに。あれ?でも彼が主人公じゃないんだよね?そこも不思議。山引さんも何かありそうだなあ。グロいのが気にならなくなってきて、彼岸島のようなギャグに思えてきた。
読了日:09月23日 著者:イナベ カズ,水谷 健吾
はじめの一歩(118) (講談社コミックス)はじめの一歩(118) (講談社コミックス)感想
サウスポーとの対戦は始めてだったんだっけ??何だか意外な気もした。再起戦で勝つのはもう見えているんで、新型が爆発するのが見たい。鷹村さんは順調に勝つでしょう。
読了日:09月22日 著者:森川 ジョージ
カラダ探し 14 (ジャンプコミックス)カラダ探し 14 (ジャンプコミックス)感想
ごめんなさい。もう何だかよく分からなくなってしまって…。「黒くて怖い人」が出てきたけど、これは物語が進んでいるんだろうか?謎が増えていく一方に思える。
読了日:09月22日 著者:村瀬 克俊
ドメスティックな彼女(14) (講談社コミックス)ドメスティックな彼女(14) (講談社コミックス)感想
ヒナ…全然ナツオくん吹っ切れてなかった問題w簡単に落ちちゃいそうなナツオくんに期待しようwそれにしても…姉妹共々いただいちゃったナツオくん、羨ましいぞ。
読了日:09月21日 著者:流石 景
ドメスティックな彼女(13) (講談社コミックス)ドメスティックな彼女(13) (講談社コミックス)感想
ヒナ派だったけど、ルイが可愛すぎて…。この子の好意から逃れることは無理だわ…。でも家でヤッちゃダメだよ…(汗)付き合うのに必要なのは勢いとタイミングって言うのは納得。モモにはりっくんがいるのに気づいて欲しいな。
読了日:09月21日 著者:流石 景
後遺症ラジオ(5) (シリウスKC)後遺症ラジオ(5) (シリウスKC)感想
実話がえぐい位怖かった。ここからは読まない方がいいとあったけど、そんなこと言われても気になっちゃうのが人間というもの。おぐし様は吹っ飛んでしまった。いなくなったスタッフの方々無事だろうか?
読了日:09月20日 著者:中山 昌亮
土竜(モグラ)の唄 7 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 7 (ヤングサンデーコミックス)感想
何だろう…。クロケンがイイ男に見えるw猫沢はしつこいなあ~。でも毎回毎回死にそうになってるけど、ミラクルで回避しちゃうから安心して読めるw
読了日:09月19日 著者:高橋 のぼる,柳沢 智夫
土竜(モグラ)の唄 6 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 6 (ヤングサンデーコミックス)感想
刷毛大蛇で美冬が落ちるとはw案外ちょろいなあ。MDMA奪還する為に命かけすぎ…。
読了日:09月19日 著者:高橋 のぼる,柳沢 智夫
累(11) (イブニングKC)累(11) (イブニングKC)感想
物語が暫く停滞していたけど、ここに来て大きな山場を迎えた印象がある。いつまでたっても本物の自分が評価されないジレンマはずっとあった。ついに「代わり」が消えてしまったことで素の自分と向き合わざるを得ない状況に。コンプレックスを乗り越えてこそ、真の女優になれるんじゃないのかな。そのままでいいのかもしれないと思えるまでに這い上がって欲しい。
読了日:09月18日 著者:松浦 だるま
秘密 season 0 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 season 0 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
薪さん出生の秘密と鈴木との思い出。全てを分かった上でも先に進まなくてはいけなかった幼少期の薪さんが悲しい。そして友人として包み込んでくれる鈴木に心を許していく薪さんが可愛い。この後の展開が辛いんだろうな…。
読了日:09月18日 著者:清水玲子
約束のネバーランド 3 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 3 (ジャンプコミックス)感想
クローネ…嫌な奴だと思っていたけど、まさかここで…。最後に子供たちに何か贈り物をしたようで…これが功を奏すか?早くママを欺いて欲しいな。何気にフィルが凄い。
読了日:09月17日 著者:出水 ぽすか
約束のネバーランド 2 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 2 (ジャンプコミックス)感想
脱出計画は無謀じゃないか?と思っていたけど、やっぱり現実には厳しいよね。鬼ごっこだけではどうだろうか。内通者・秘密の部屋とドンドン読者を惹きつける展開。一気に読めてしまう。
読了日:09月17日 著者:出水 ぽすか
ファイアパンチ 5 (ジャンプコミックス)ファイアパンチ 5 (ジャンプコミックス)感想
トガタがここで脱落するとは思ってもみなかった。アグニはドマも葬ってしまったし、今後何にすがって生きていけばいいんだろうね。自分が悪役だと悟ってしまって、ますます苦しい展開に入ってきたなあ…。
読了日:09月17日 著者:藤本 タツキ
中卒労働者から始める高校生活(8) (ニチブンコミックス)中卒労働者から始める高校生活(8) (ニチブンコミックス)感想
トミーはタイミングが合わなかったんだなあ~。残念。でも子供の為に一緒に居なくてもいいしね。莉央ちゃんは自信がないのか。真彩を先生と仰ぐとは…w
読了日:09月16日 著者:佐々木 ミノル
中卒労働者から始める高校生活 ( 7) (ニチブンコミックス)中卒労働者から始める高校生活 ( 7) (ニチブンコミックス)感想
ガッツリ若葉巻。順序が違ったのかもしれない。好きになれるかもしれないと思ったのが間違いだったかもしれない。家族の中で居場所を失くして救いを求めた先に、まさかの若葉妊娠。若い男の子には想像できなかったんだろう。イタイ。重い。でも事情を抱えて生きていくのは不幸ばかりじゃないはず。
読了日:09月16日 著者:佐々木 ミノル
Bread&Butter 6 (マーガレットコミックス)Bread&Butter 6 (マーガレットコミックス)感想
柚季と洋一の関係は進まないけど、ある程度距離があっていいのかも。結婚がゴールじゃないし。経営とこだわりを捨てない事。マンガにも通じることだけど、物作りには必要な要素だね。純ちゃんが心配だったけど、何とか軌道修正出来て良かった。
読了日:09月15日 著者:芦原 妃名子
不滅のあなたへ(3) (講談社コミックス)不滅のあなたへ(3) (講談社コミックス)感想
グーグー・フシ・リーンの三角関係が良い感じ。今回は何だかほっこりした。けど、安穏な生活は次巻でさよならなようで…。フシも成長するんだなあと思った。
読了日:09月14日 著者:大今 良時
ACMA:GAME(6) (講談社コミックス)ACMA:GAME(6) (講談社コミックス)感想
長久手さんの奥さん生きていると良いよね。トーナメント参加者全員天才w初戦はアイドルと対決。若干彩香と性格等被る気が…。傘崎マネージャーは…ギャグなんだろうか?何だか何十年も前の少女漫画のイケメン風…。
読了日:09月13日 著者:恵 広史
幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)感想
もっとロリータ向けかと思いきや、神と戦争と魔法の世界が入り乱れる不思議な世界観だった。中身はおっさんで、ちょっとギャグ?ジャンル的には好みではないんだけど、気になる作品。
読了日:09月13日 著者:東條 チカ
恋と嘘(5) (講談社コミックス)恋と嘘(5) (講談社コミックス)感想
政府通知…希望者だけが登録という本来の形に戻せばいいだけでは?という気も。運命って後から形作られるものなんだなあ~と確信。ネジが選ぶのはどっちなんだろう。二人ともという選択は無しですかねw
読了日:09月12日 著者:ムサヲ
恋と嘘(4) (講談社コミックス)恋と嘘(4) (講談社コミックス)感想
矢嶋さんの過去の恋と後悔は今も続いているんだろう。ロミオとジュリエットは中々良かった。五十嵐さん登場で、大きく物語が動くような動かないような…?
読了日:09月12日 著者:ムサヲ
恋と嘘(3) (講談社コミックス)恋と嘘(3) (講談社コミックス)感想
講習会はエロいな。でも逆に流されてたまるか!っていうカップルもいそうな気がする。ペナルティはホントにあるのかなあ?リリちゃんが恋を自覚するのはいつなのか。
読了日:09月12日 著者:ムサヲ
恋と嘘(2) (講談社コミックス)恋と嘘(2) (講談社コミックス)感想
今のところリリちゃんは応援している立場だけど、恋に気づいてしまったら辛いことになるだろうな。ネジは徐々に惹かれ始めている気もするし、人の感情が動く瞬間はどんな状況だろうと興味がある。仁坂が隠している秘密って…ホモ疑惑?政府通知と関連があるのかな?
読了日:09月12日 著者:ムサヲ
アオアシ 10 (ビッグコミックス)アオアシ 10 (ビッグコミックス)感想
なかなか圧勝とはいかないみたいで、適応能力が半端ない相手に苦戦。技術に自信があると言っても根本的にメンタルがダメだとズルズル負けてしまうよね。葦人はゴールへの執着があるのは良いことだけど、司令塔としてはどうなんだろう。後手に回ってしまう展開だけは何だか嫌だなあ。
読了日:09月11日 著者:小林 有吾
ドメスティックな彼女(12) (講談社コミックス)ドメスティックな彼女(12) (講談社コミックス)感想
文化祭でそれぞれの恋が動くかと思いきや、思い通りには行かないよね。でもこのワイワイした感じは羨ましい。ようやく自覚したわけだけど、ナツオくんちょっとズルいんでもう少しこじれても良しw
読了日:09月11日 著者:流石 景
ドメスティックな彼女(11) (講談社コミックス)ドメスティックな彼女(11) (講談社コミックス)感想
ヒナが案外あっさり突き放した。二人の恋愛は現実的じゃないし、仕方ないのかもしれない。作家修行の一環で、キャバ嬢の話が出てきたけどそんなに面白くなかった。でも必要な過程ではあったんだろうと理解はする。
読了日:09月11日 著者:流石 景
古見さんは、コミュ症です。 4 (少年サンデーコミックス)古見さんは、コミュ症です。 4 (少年サンデーコミックス)感想
前巻に続き、弟笑介くんのことがもっと知りたいな。只野君あんなに古見さんへの理解度があるなら、自分に好意があるのに気づいてもよさそうだけど、女神が下界に降りてくるとは考えてもみないのかな。
読了日:09月11日 著者:オダ トモヒト
忘却のサチコ 10 (ビッグコミックス)忘却のサチコ 10 (ビッグコミックス)感想
エビフライおいしそうだけど、食べにくそう。後輩の小林くんとの絡みも面白かった。妊婦さんを助けたことでタイトなスケジュールをこなしてしまうとは流石wかすみ役にまでなりきってしまうし…スーパー編集者。
読了日:09月10日 著者:阿部 潤
あさひなぐ 23 (ビッグコミックス)あさひなぐ 23 (ビッグコミックス)感想
男の薙刀もっと浸透していけばいいね。夏之くんも乃木さんもカッコよかった。旭ちゃんはハッキリ自分の気持ちを自覚。からかわない人に聞いて欲しかったって言って将子ちゃを選んだのは良かった。真春の状態が以前心配だなあ。
読了日:09月09日 著者:こざき 亜衣
天空侵犯(7) (KCデラックス 週刊少年マガジン)天空侵犯(7) (KCデラックス 週刊少年マガジン)感想
親子…特にパパがこの先足を引っ張りそうな予感。
クチナシの仮面で最強…になった?もう仮面との対決という単純な構図ではなくなってきたな。アノカタっていったい何者だろう。
読了日:09月08日 著者:大羽 隆廣
天空侵犯(6) (KCデラックス 週刊少年マガジン)天空侵犯(6) (KCデラックス 週刊少年マガジン)感想
スナイパー仮面絶対イケメンだろう。そうじゃないと許さんw久遠とラブラブだな。ニセちゃんはまあなんだかんだ言って助かるキャラだろうと思う。
読了日:09月07日 著者:大羽 隆廣
土竜(モグラ)の唄 5 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 5 (ヤングサンデーコミックス)感想
 美冬組長代行ヤバい。キャラ立ちすぎwwついにドン登場。
読了日:09月06日 著者:高橋 のぼる,柳沢 智夫
土竜(モグラ)の唄 4 (ヤングサンデーコミックス)土竜(モグラ)の唄 4 (ヤングサンデーコミックス)感想
除夜の鐘…痛そう。
読了日:09月06日 著者:高橋 のぼる,柳沢 智夫
東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)感想
幸せの形は自分で決めればいい。誰かを幸せにしたいという気持ちが先にあって、そこから生まれる関係性もある。イタイ自分だって、全然無駄なことはないんだから胸を張って後悔しない道を選べばいいんだな。
読了日:09月05日 著者:東村 アキコ
アサギロ~浅葱狼~ 8 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アサギロ~浅葱狼~ 8 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
物語の転換点。志は皆等しくはないけど、時代に飲み込まれて流されていく。自分で運命を切り開いている気になっているのだろうけど、この後の展開を知っているだけに何だか悲しいが面白い。
読了日:09月04日 著者:ヒラマツ ミノル
ハカイジュウ 21 (少年チャンピオン・コミックス)ハカイジュウ 21 (少年チャンピオン・コミックス)感想
武重先生の物語だった。変態の深い愛情に感動はしなかったけど、落としどころとしてはまあまあ。ともかく完結してくれて良かった。
読了日:09月04日 著者:本田真吾
ハレ婚。(12) (ヤンマガKCスペシャル)ハレ婚。(12) (ヤンマガKCスペシャル)感想
うららちゃんがひたすら可愛い巻だった。たまにはエロなしでもいいね。さてさてゆず妊娠でどうなるのかね。
読了日:09月03日 著者:NON
山と食欲と私 5 (BUNCH COMICS)山と食欲と私 5 (BUNCH COMICS)感想
めっちゃ絡んでくるおじさんから全力で逃げる鮎美ちゃんナイス。一人にしてくださいって言えたら楽だよね。「山ガール」に抵抗があるのは頷ける。ぽっちゃりさんの鮎美ちゃんもなかなか可愛い。お母さん、凄すぎでしょう。ビール缶飯余り美味しくないって…そういうのもこの漫画アリなんだwでもカレー粉は最強。個人的には瀧夫婦の水餃子鍋食べたい。
読了日:09月02日 著者:信濃川 日出雄
白暮のクロニクル 4 (ビッグコミックス)白暮のクロニクル 4 (ビッグコミックス)感想
デリヘル嬢とシャワー浴びているシーン何か構図がヘンで…んんん??ってなった。犯人は早々に目星がついた。オキナガが生きにくい状況を変えられなかったのは残念だったね。
読了日:09月01日 著者:ゆうき まさみ
賭ケグルイ(1) (ガンガンコミックスJOKER)賭ケグルイ(1) (ガンガンコミックスJOKER)感想
話題になっているので読んでみました。ギャンブラーは基本全員イカサマ。正攻法で行くキャラは出てこないのかな?女子がミケになった場合エロいことでも強要されたりするんだろうか?別の好奇心が沸いた。
読了日:09月01日 著者:河本ほむら

読書メーター